NASA、アルテミス計画へオリオン宇宙船を追加発注

sorae.jp / 2019年10月2日 9時20分

NASAは月探査計画「アルテミス」で使用する「オリオン」宇宙船を最低6機、新たに発注しましました。

オリオンは米ロッキード・マーティンが製造する宇宙船で、現在開発が進められている大型ロケット「SLS(Space Launch System)」により月探査ミッションで打ち上げられます。

そして、月周辺の宇宙ステーションとなる「月軌道プラットフォームゲートウェイ(ゲートウェイ)」へと、宇宙飛行士を輸送します。宇宙飛行士は別の着陸機に乗り換え、2024年に有人月面探査を実施する予定です。

最初のアルテミス1では、無人のオリオンが月の周回軌道に6日間滞在し、数週間後には地球へと帰還します。そして次に有人のテストミッションとなる「アルテミス2」や、2024年に予定されている有人月面着陸ミッションとなる「アルテミス3」が実施されるのです。

なお今回の契約では、2030年までに最大で12機のオリオンの発注が可能な内容となっています。

 

関連:JAXA、NASAの月面探査計画に参画。「アルテミス1」で2つの小型衛星を打ち上げへ

Image: NASA
Source: Space.com
文/塚本直樹

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング