思わずツバを飲み込んだ…あなたが思う“映画の「うまそーシーン」”を教えてください

日刊SPA! / 2018年1月13日 8時42分

 漫画家・清野とおるが全国各地の美味しかったり、美味しくなかったりする食べ物のを探し歩く「グルメ漫画の問題作」こと『ゴハンスキー』。週刊SPA!にて連載中の同作だが、最新コミックス4巻が1月12日に発売された。

 同作に収録された爆笑必至のおまけコラムを特別に一部を抜粋してお届け! 今回は清野氏が知人や著名人から聞いた映画の中の「うまそーシーン」を紹介。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 映画を観ていると、あとでこっそり再現してみたくなる「食」のシーンに出会うことがあります。そんなシーンの話を知人から聞いているうちに、もっと欲しくなっちゃったんです、僕……。ということで、映画監督さんやゴハンスキー読者からいろんな「うまそーシーン」を集めました。

 あ、ちなみに僕がソソラレる「食」のシーンは『刑務所の中』のアルフォートとコーラ。コーラはコカ・コーラ社のコーラではなく、なんかよくわからないブランドのコーラです。あの謎のコーラでアルフォートを派手に胃に流し込んでしまいたいものです!!

――まずは『ロボゲイシャ』などバイオレンスかつコミカルな作風で知られる井口昇監督。早速、映画に登場する「うまそーシーン」を教えてもらいました。

井口昇:『エイリアン』の中で、宇宙船の肉体労働者たちがみんなで食事をするシーンがあるのですが、モヤシのように見える謎の宇宙食を、バクバク食べるんですよ。決して美味しそうではないけど、「あれはいったいどんな味がするんだろう」って、妙に食べてみたくなりましたね。

『ブレードランナー』では、ハリソン・フォード演じるデッカードがうどん屋で、何か4つと、うどんを注文する有名なシーンがあります。すると、店員の親父が『2つで充分ですよ、わかってくださいよぉ』と、拒むんです。なぜそんなにムキになっているのか何を注文したのかもわからないけど、妙に気になるんです。このシーンが好きすぎて、僕がプロデュースするアイドルに『2つで充分デス!』という曲まで作ってしまいました(笑)。

――得体(えたい)の知れないものに惹かれてしまう気持ち、僕も大いにわかります。一体、どんな得体をしているのか、つい知りたくなっちゃうんですよね~。続いて、読者から寄せられた「うまそーシーン」を紹介します。

「『男はつらいよ』で、寅さんがスナックで男の恋愛相談に乗っているシーン。その後ろでカップルが食べてる茹で卵が美味しそう」(女性・30代)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊SPA!

トピックスRSS

ランキング