天井の照明器具で“壁掛けテレビ”が出現!照明+進化機能の[シーリングライト]3選

日刊SPA! / 2019年3月1日 8時30分

写真

popIn Aladdin 公式サイト

 当連載では、数々のガジェットや家電を紹介しているが、そのなかで「電灯(天井灯)」がネタになることは滅多にない。ひとつには、そう頻繁にトレンドが変わるわけではないからだ。ひとつ前の大きなトレンドはLEDタイプへの移行だが、普及価格帯のLEDシーリングライト(天井に直接取り付けるタイプの照明)が登場したのは’12年ごろと、それでもかなり前の話になる。

 そんな地味な存在のシーリングライトに、このところ面白い商品が増えていると話すのは、ガジェット系ライターの板倉正道氏。

「トレンドのひとつは、シーリングライトのスマート家電化。無線機能搭載でスマホから遠隔操作できたり、スマートスピーカー搭載で音声操作ができたりする製品が増えました」

 スマート機能に対応したシーリングライトは、8畳対応で1万円前後のものが増えており、今後ますます人気を集めそう。だが、板倉氏が“スマート化”以上に注目するのが、シーリングライトの“多機能化”だ。

「従来、シーリングライトに“部屋を照らす”以外の機能は求められてきませんでした。しかし、シーリングライトに別の家電の機能をプラスしてしまえば、“省スペース化”と“家の中の電源コードを減らす”という、2つの大きなミッションが達成されます」

◆プロジェクター&スマートスピーカー搭載でリビングに「壁掛けテレビ」が出現

 その好例が、最近話題の「popIn Aladdin(ポップインアラジン)」だ。プロジェクター&スピーカー付きのシーリングライトで、単体ではYouTubeやAmazonプライム・ビデオ、NETFLIXなどの動画サービスに対応。Wi-Fiでレコーダーを接続すればTV放送や録画番組も視聴できる。リビングに設置すれば、TVモニターいらず。さらに音声操作にも対応している、IoT家電の見本のような製品だ。

【popIn Aladdin 3in1スマートライト PA18U02VN】

部屋の広さに合わせて、投写位置を変えられる仕組み。豊富な動画コンテンツに対応するほか、「電気をつけて」「動画が見たい」など音声操作に対応している点も◎

実勢価格 7万9800円

適用畳数:~8畳

器具光束:3800lm (3色各)6段調光

◆空気清浄機搭載で天井近くでホコリをキャッチ!

「置き場所がない」という理由で意外と普及が進んでいない「空気清浄機」も、シーリングライトと一体化すれば問題解決。

「子供部屋などの動きの多い部屋で、シーリングライト型は優れた吸塵力を発揮します。ホコリはいったん舞い上がるとなかなか沈下しないため、天井付近で吸ってしまうのが最も効率がいいのです」

【シャープ LEDシーリングライト 一体型空気清浄機 FP-AT3】

HEPAフィルター採用で、掃除やフィルター交換も楽々。発光色はスタンダードな寒色、暖色に加えて、印字された文字を読みやすくする「さくら色」も選べる

実勢価格 7万4490円

適用畳数:~14畳

器具光束:5000lm 10段調光

◆サーキュレーター搭載で真冬&真夏の部屋の温度を快適に

 エアコンが必須のこの季節、快適な温度と省エネを同時に狙うなら、サーキュレーター付きシーリングライトが重宝する。

「暖かい空気は上昇するため、冬は床に近くなるほど冷え込みます。サーキュレーターの回転で空気を循環させれば、上下の温度差を軽減して部屋全体を快適に」

【ドウシシャ シーリング サーキュレーター DCC-08CM】

夏は正回転で冷風を送り、冬は逆回転で温風を届ける。おやすみタイマーと併用して快適な睡眠を実現。薄型設計で、低い天井でも圧迫感なく利用できる

実勢価格 2万2040円

適用畳数:~8畳

器具光束:4000lm 10段調光

 多機能シーリングライトのいいところは、一般的な引っ掛けシーリングを備えた家庭なら、面倒な追加工事不要で手軽に取り付けられること。ワンランク上の部屋環境を手に入れたい人にオススメだ。

<取材・文/週刊SPA!編集部>

価格はすべて2月14日「ヨドバシドットコム」調べ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング