絶世のブス顔デリカD:5が最高峰! ミニバンのコワモテ化はなぜ始まったのか?

日刊SPA! / 2019年4月21日 8時53分

写真

 ミニバン天国・日本にも世界的SUVブームが押し寄せている昨今、ミニバンの顔のクセが以前にもまして強くなっている気がいたします。それはなぜか? 今回は当代きってのドブス、世界三大ブス、ブスofブスの誉れも高い、世間も支持する売れっ子ブス、新型デリカD:5が生まれた背景を、ブス専・永福ランプが考察してみました!

MJブロンディ改め永福ランプ=文 Text by Shimizu Souichi

池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆リボーンしたデリカD:5の絶世のブス顔は最高である

 今回は、人間の本能について、一席ぶたせていただきとうございます。テーマは「なぜ人はコワい顔のミニバンに乗りたがるのか」。

 まず前提として、人は周囲に一目置かれたい動物です。たとえば昔、植木屋のバイト中、ニッカボッカ風の作業着で商店街を歩いたら、周囲の歩行者が微妙に避けてくれて、「うわ、カイカン!」と思いました。

 クルマで高速道路を走っている時も、アオッったわけでもないのに前のクルマが道を譲ってくれたりすると、とても気持ちがいいものです。

 で、どんなクルマだと道を譲ってもらえるかというと、実はスポーツカーです。数年前、スポーツカー(フェアレディZ)と高級セダン(レクサスLS)と大型ミニバン(エルグランド)で実際にテストしたところ、スポーツカーがダントツで道を譲ってもらえました。

 フェアレディZ程度でそうなんだから、スーパーカーなら威力は絶大。カエルの面にションベンなバックミラーを見ないドライバーを除いて、みなさま転げるようにして道を譲ってくださいます。

 別にスポーツカーが自分のケツに食いつくわけでもなく、ミサイルをブッ放つわけでもないのに、なぜ道を譲ってくれるのか? それはおそらく、速そうなとんがったモノに対する、人間の本能的な恐怖心でしょう。私も後方からスーパーカーが迫ってきたら、一も二もなく道を譲ります。

 で、意外と道を譲ってもらえなかったのが、大型ミニバンでした。当時すでに大型ミニバンはかなりコワい顔になっていましたが、コワい顔でグイグイと前車に近づいても、逆に意地を張るような感じで道を譲ってくれない。その心理の裏には、「遅いクセになにアオッてんだよ!」という反発があったようです。

 そう、人は本能的に、速そうなクルマには道を譲り、遅そうなクルマを見下すのです!

 ミニバンは箱型。小さいバスみたいなもん。速いわけがない。なのに「道を譲れ」と言うのはおこがましい。フザケンナ! 人間は本能的にそう思うのですね。

◆ミニバンのコワい顔競争が勃発

 そこで始まったのが、ミニバンのコワい顔競争です。

 人はミニバンや軽などの遅そうなクルマを、本能的に見下します。それはミニバンや軽のドライバーにとって、非常に面白くない。でも、顔がウルトラ怖ければ、それなりに違ってくる。「あの人はきっと威張り散らしたいタイプなんだな」「邪険に扱うと面倒なことになるかも」という心理が働いて、扱いが違ってくる。スキンヘッドにサングラスで商店街を歩くのに似ています。

 現在、そのコワい顔の頂点に君臨しているのが、トヨタ・アルファードです。アルファードはヤンキー層にとって、もはや「神」のような存在になっています。

 そのアルファードのコワい顔に、どうやって対抗するか?

 似たような巨大グリルじゃ、アルファードには勝てない。三菱はそう考えたのでしょう。その結果がデリカD:5の、遊星からの物体Xのような、あるいは電気シェーバーのような、絶世のブス顔なのです!

 いま、ブサイク芸人がブームですが、それと同様、絶世のブスはひと目見るとクセになります。もっと見たくなってしまうのです! このブス顔、発表当初はネット上でボロカスに叩かれて炎上状態でしたが、売れ行き好調! みんな新しいタイプのコワい顔を望んでいたんですね!

 三菱のブス顔攻勢はこれにとどまりません。新型軽自動車のekクロスは、さらに絶世のドブス! ものすごい迫力で、軽なのにデリカD:5よりむしろ存在感は上かも。これも売れそうな予感がします。

 私はこのドブス姉妹に、心を奪われてしまいました。そして「もっとブスな顔が見たい!」という欲望が芽生えてしまっています。三菱のブス顔攻勢に今後も期待大! 経営状態を考えると、次のドブスがいつ出せるかわかりませんが。

【結論】

デリカD:5は、12年ぶりのマイナーチェンジながら、顔だけでなく中身も一新されており、エンジンは新開発のクリーンディーゼル。走りは非常にしっかりしており、ミニバンのなかではベストだと感じました。ガンバレ絶世のブス!

【清水草一】

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング