ユニクロ超えの高コスパアイテムも…ワークマンのマストバイ3選

日刊SPA! / 2019年8月21日 8時54分

写真

透湿レインスーツSTRETCH 4900円

―[メンズファッションバイヤーMB]―

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第242回目をよろしくお願いします。

 私のサイトでも紹介している通りですが、今ワークマンが熱い!! TV番組や雑誌などでも取り上げていますが、ワークマンがカジュアル市場に乗り込んできました。実はワークマンは全国800店舗超、ユニクロの店舗数とほぼ同程度。だからこそ生産数も半端じゃない! 洋服は生産数量が多ければ多いほど単価が下がる仕組みです。つまりワークマンは「ユニクロに対抗できる生産背景」を持ってる稀有なメーカー。ここ数年天下を取ってるユニクロの牙城を崩すのはもしかしたら彼らかもしれない!!

 今回はそんなワークマンから日常で使えるおしゃれ着を3つほどご紹介。ぜひお近くのワークマンに行ってチェックしてみてください。シンプルスタンダードなユニクロに飽き飽きしている人には朗報ですよ!

◆▼ブロックテック敗北!? 本格アウトドア素材のマウンテンパーカー
・透湿レインスーツSTRETCH 4900円(税込)

「嘘でしょ!?」と思うくらい激安です。コロンビアやノースフェイスなどで売られているような本格的なマウンテンパーカーがなんと4900円。それも楽天などでよく見かける「ガワだけ似せた」ようなものではなく、ちゃんとアウトドア素材として立派なものになっています。

 防水性・透湿性・伸縮性を兼ね備えており、本格的な登山やアウトドアにも活用できるほど。もちろんノースフェイスが使うプロユースのGORE-TEXなどに比べれば劣りますが、それでもレイヤー構造による十分な機能性を持っています。防水性はもちろん内部の湿気を逃す透湿性も高いので、レインウェアなのにまったく蒸れない。春や秋は外は寒くても電車の中は汗だく……なんてことが多いですが、こうしたマウンテンパーカーならそんなことも起こらない。水は防ぎ、寒さもしのいでくれるのに内部に蒸れは起こさず快適な着用感を実現できます。

 また、競合品であろうユニクロのブロックテックに比べると素材が固め。ハリがあるため首元も寝ることなく立ち上がり、小顔効果も高い。素材が硬い分、身体の線も拾わずにスタイリッシュに見えます。これ本当に4900円でいいの……?

 肝心のデザインですが、「どうせワークマンでしょ?」と思いきやコレがなかなかスゴい。作業着の世界では「なんちゃら魂」とか「龍の刺繍」とかが入ってるスンゴイのも少なくないですが……こちらは極めてシンプル。日常着として十分使えるデザインクオリティです。

 余談ですが、こちらはなんとパンツもセットで4900円。目ん玉飛び出るくらい安いですが……パンツは「オマケだから期待しないでね!」というレベル。ダボダボのシルエットといかにもラバー感のある蒸れやすい素材感で作業着としては良いかもしれないけど、日常着としてはNG級。ジャケット単体で4900円と考えた方が良いかもしれません(笑)。

◆▼グラミチ敗北!? 2000円台の激安クライミングデニムパンツ
・AERO STRETCH(エアロ ストレッチ)デニムクライミングパンツ 2454円(税込)

「グラミチかな?」と思ったらワークマンでした。登山用のクライミングパンツです。素材をデニムにして、おりシルエットも細身。日常着としても映えるように開発しているようです。

「ストレッチ性高い」とかそんなのは「ワークマン」である以上、まあ予想の範疇。ワークマンにおいてあって機能性がなかったら肩透かしですから。ストレッチ性は確かに高いし、文句なし。快適です。しかし、こちら意外とスゴいのが素材感。

 同じデニムでもこちらはコットンポリで化学繊維を混紡したものとなっています。デニムながら光沢感が強く、大人なイメージ。トーンも落ち着いておりダークな色合い。スラックスライクな印象で大人向けの品のよさを感じます。これが2000円台って……。

 ただし、ちょっと裾幅は広め。今のトレンドであるテーパード感が薄く、ちょっと裾が野暮ったいかな。なので画像のようにしっかり裾をあげて、クッション(裾のたるみ)が出ないようにしてあげましょう。広めの裾でクッションが出るとどうしてもダボダボとした印象が出てしまい、やんちゃに見えるもの。画像を参考にキッチリ裾上げしてみてください。

◆▼ヘインズ敗北!? 醤油も弾く超撥水Tシャツ
・汚れが落ちやすい耐久撥水半袖ポロシャツ 980円(税込)

 実はオンラインサイトではポロシャツのみの掲載ですが、店舗ではTシャツタイプが存在します。私はTシャツタイプの方がおすすめです。

「さすがワークマン」と言える素材感。サラッとしていて着心地がよくノンストレス。加えてこの素材撥水性が極めて高い。「汚れが落ちやすい」と書いてある通りですが、少々のハネや汚れなら弾いてしまうほど。耐久試験では50回以上の洗濯をしても撥水性が損なわれなかった驚異の素材。このへんの機能性はさすがです。

 では、「見た目はどうか?」と言うとこれもなかなかの出来。シンプルなポケット付きTシャツではあるのですが、素材から来るツヤ感のおかげで普通の天竺素材のTシャツよりやや大人っぽい印象。特に黒は光沢感が強く感じられるのでおすすめ。高級ブランドのTシャツだ、と言われて疑う人はほぼいないでしょう。裾にあるスリットには蛍光カラーが入っていたり、胸元にポケットがついていたりシンプルな中でも地味にならないようにちょっとした工夫がなされています。

 ただこのTシャツ、サイズ感に要注意。なんと私が画像で着用しているサイズはXL。私は普段MかLサイズを着用するのですが、こちらはXLサイズでいつも通りの着用感になります。サイズ選びはワンサイズ上を狙うのがおすすめです。ワークマン全般に言えますが妙にサイズ感が小さいのですよね……。

【MB】
ファッションバイヤー。メンズファッションの底上げを図るべく各メディアで執筆中。“買って着て書いて”一人三役をこなす。年間の被服費は1000万円超! ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」。初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』はベストセラーに。最新刊『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』が発売中

―[メンズファッションバイヤーMB]―

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング