iPhone 12はどれを選ぶべき?4モデルの情報を整理

日刊SPA! / 2020年10月21日 15時54分

写真

iPhone 12シリーズは、角張ったデザインが復活している

―[デジタル四方山話]―

 10月16日、iPhone 12シリーズの予約がスタートした。選択肢がいろいろあるので、今回は全情報を整理してみたい。

◆4モデルあるiPhone 12シリーズの特徴は?

 まず、今回発売されるiPhone 12シリーズは4モデルある。

 無印の12、コンパクトなiPhone 12 mini、高機能なiPhone 12 Pro、高機能で大画面のiPhone Pro Maxだ。iPhone 12とiPhone 12 Proは10月16日21時から予約が始まっており、10月23日に発売される。コンパクトなiPhone 12 miniと大きなiPhone 12 Pro Maxは11月6日22時に予約がスタートし、11月13日に発売される。

 ディスプレイサイズはiPhone 12とiPhone 12 Proが6.1インチ、iPhone 12 miniが5.4インチ、iPhone 12 Pro Maxが6.7インチとなる。6.1インチはiPhone 11と同じだが、5.4インチはiPhone SEの4.7インチより大きく、6.7インチはiPhone 11 Pro Maxの6.5インチより少し大きい。

 全モデルでiOS 14を搭載し、有機ELディスプレイを採用。認証機能はFace IDのみで、Touch IDに対応しないのは残念なところ。5Gに対応するものの、日本版はミリ波に非対応。端子はこれまでと同様Lightningで、防水性能も踏襲している。

 カメラの画素数は1200万画素で、iPhone 12/12 miniは広角カメラと超広角カメラの2眼で、iPhone 12 Pro/12 Pro Maxは望遠カメラを追加した3眼のうえ、LiDARスキャナーも搭載する。LiDARスキャナーは、赤外線で奥行きを測ることができ、ARアプリで利用できる。

 iPhone 12 Pro Maxは、画面が大きくなっただけでなく、広角カメラのセンサーや画素が大きく、光学式手ぶれ補正がセンサーシフト式になっている。そのため、光学ズームはiPhone 12 Proが2倍のところ、 iPhone 12 Pro Maxは2.5倍となる。

 ストレージは、iPhone 12/miniが64GB、128GB、256GB、iPhone 12 Pro/12 Pro Maxが128GB、256GB、512GBから選べる。アップルストアでの価格はiPhone 12 miniが7万4800円(税抜)から、最大iPhone 12 Pro Max 512GBの15万800円(税抜)となる。

 iPhone 12シリーズの価格(税抜)は、以下の通り。

iPhone 12
64GB 8万5800円
128GB 9万800円
256GB 10万1800円

iPhone 12 mini
64GB 7万48000円
128GB 7万9800円
256GB 9万800円

iPhone 12 Pro
128GB 10万6800円
256GB 11万7800円
512GB 13万9800円

iPhone 12 Pro Max
128GB 11万7800円
256GB 12万8800円
512GB 15万800円

◆10万円以下でオススメは128GBモデルの……

 すでに各キャリアも料金を発表しており、25ヶ月目に返却するという条件で36回分割で購入すれば、実質負担額が約半額になっている。

 問題は、どれを買うべきかが悩むところだ。使い方やニーズによって異なるが、まず写真や動画を撮影したり、多数のアプリを使うというのであれば64GBのストレージでは心許ない。128GB以上をチョイスしたい。

 10万円以下の予算で済ませたいなら、iPhone 12/12 miniの128GBがオススメだ。6.1インチは大きすぎる、というユーザーにはiPhone 12 miniの5.4型がぴったりだろう。iPhone SEよりは大きいので小さすぎるということもない。

 カメラにこだわるなら、圧倒的にProがオススメ。しかし、今回はiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxでカメラ性能が異なるので悩ましいところ。サイズが大きく、予算が許すなら、もちろんiPhone 12 Pro Maxを選べばいい。

 筆者は手が大きいのでMaxが欲しいのだが、最初の発売日に絶対に欲しいのでiPhone 12 Proを購入した。色はレッドが欲しかったのだが、Proにはないのでゴールドをチョイス。ストレージは256GBにした。

 16日に21時の1分前からアップルストアアプリにログインしたのだが、ユーザーが殺到してエラーが出まくり、購入できるまでに25分ほどかかってしまった。買えるかどうかドキドキして心臓に悪いので、もっとスムーズに購入できるようにしていただきたい。

 今回のiPhone 12は、iPhone 5のような角張ったデザインになっている。とてもかっこよく、高級感たっぷり。10月23日の到着が楽しみだ。とはいえiPhone 12 Pro Maxが発売されたら、何か理由を付けて、それも買ってしまいそうな気もする。

【柳谷智宣】
お酒を毎晩飲むため、20年前にIT・ビジネスライターとしてデビュー。酒好きが高じて、2011年に原価BARをオープン。新型コロナウイルス影響を補填すべく、原価BARオンライン「Wi杯」をスタート。YouTubeチャンネルも開設し生き残りに挑んでいる

―[デジタル四方山話]―

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング