最高月収は150万円「ゲーム実況」で稼ぐ現役京大院生YouTuberの戦略

日刊SPA! / 2020年10月29日 8時53分

写真

米将軍氏

 地上波でもゲーム番組が続々と生まれ、近年高まり続けるe-sports熱。新型コロナウイルス流行による“おうち時間”の増加も追い風となり、ゲームの需要が爆発的に伸びている。

 同時に注目が高まっているのがゲーム実況だ。多くの若者が楽しむゲーム実況の世界は副業としても注目されていて、サラリーマンの平均月収を優に越える収益を得ている人も多いという。

 そんなゲーム実況の世界を知るべく、現役京大院生にしてスマホゲーム『ブロスタ』のゲーム実況で人気を博すYouTuberの米将軍氏に実情を聞いた。

【ブロスタ】
ブロスタ試合は3対3のチーム戦、1マッチ10人のバトルロイヤルなど、リアルタイムプレイヤーvsプレイヤーゲーム。ゲーム内では移動方法、攻撃、必殺技にそれぞれ多彩な個性を持ったキャラクターを操ることができ、1マッチ約3分の手軽さと奥深い戦略性から多くの若者の支持を得ている。

◆後発ながら、これまでの最高月収は150万円超え

――なぜYouTubeでゲーム実況を始めようと思ったのですか?

米将軍:実は自発じゃなく、大学の先輩でYouTuberでもあるyamadaさん(チャンネル登録者数8.44万人)に勧められて始めたんです。今、僕が実況している『ブロスタ』自体も「やれ!」って言われて、インストールしました。実況は’18年12月の『ブロスタ』グローバルリリース直後からです。β版リリースからは1年以上経っているので『ブロスタ』YouTuberとしては後発ですね。

――YouTubeでの月収はどのくらいなんですか?

米将軍:今は新型コロナの影響で単価が下がっていますが、一番よかったときに諸々込みで150万円に達したことがあります。ただ、これは本当に特別なときで普段はそんなに稼げないです。でも、YouTubeを始める前にやっていたアルバイトの月収は6万~7万円だったので、学生としてはもはや富豪ですよね(笑)。

◆Wi-Fiナシ、iPhone1台でYouTuberデビューで最高月収150万円

――チャンネル開設にあたって、専用のマイクやカメラ等の機材は用意しましたか?

米将軍:いえ、何も持たずに始めてiPhone1台で撮影から編集、アップロードまでやっていました。当時、ウチはWi-Fiの契約をしていなかったので、投稿を始めて2週間目くらいで通信制限がかかって、それ以降しばらくマクドのWi-Fiで作業してました(笑)。最近になってようやく照明とカメラとマイクを買ったんですけど、それまで1年半以上はiPhoneとiPadだけでしたね。

――新たに機材を購入されたのは、動画のクオリティを上げるためですか?

米将軍:いえ、いちいち三脚を組んでiPhoneをセットするのが面倒で……。常に機材をセット済で置いておけば、撮影のモチベーションが上がるんじゃないかと思ったんです。設備投資に15万円くらいかけたんですけど、効果は……(笑)。クオリティ面もiPhoneでも画質は十分いいし、音もかなりクリアに録れるので、ほんの少しよくなったくらいです。とはいえ、YouTubeは少しでも聞き取りづらいと視聴者が離れてしまうので、声をちゃんと録れる準備をすることは重要だと思っています。

◆技術の高さではなく、“誰もやっていないこと”を重視

――動画では顔出しもされていますが、最初から顔出し前提でYouTube活動を始めたんですか?

米将軍:顔出しは絶対しないと思っていました! なのに、先輩YouTuberのきおきおさんに半ば強制的に顔出しさせられて(笑)。同級生や友達にもすぐバレました。家族も知ってはいるけど、動画を見ているかはわからないです。見られていたら、ちょっとイヤですね……。

――『ブロスタ』YouTuberとしては後発とのことですが、再生回数を伸ばすための戦略は何かありましたか?

米将軍:当初はβ版からやっている強みを生かして、グローバルリリースから始めた人向けに「プレイが上達する方法」を教える動画を投稿していました。でも、すぐに学業が忙しくなって、自分自身がブロスタをやり込む時間がなくなってしまって。細かなテクニックを維持する時間がないなと思い、おもしろネタ企画やトークメインの動画に挑戦して、万人にウケる路線に切り替えていきました。

――「プレイの技術」というアドバンテージを捨てて方向転換するのは大きな決断ですね。

米将軍:上手なほうが一定数の視聴者は見てくれますけど、うまい人はたくさんいるので。生き残るにはそれよりも“誰もやっていないこと”を探すことが必要だと思っていました。

◆コロナ禍の自粛期間中は再生回数が2倍に

――チャンネル登録者数、再生回数を伸ばすにあたって苦労したことはありますか?

米将軍:僕のケースはとても稀で『ブロスタ』がすごく勢いのあるゲームだったので、最初は苦労がなかったんです。開設をして1か月ちょっとで収益化できましたし。ただ、その後は自分ではおもしろいと思っているのに伸びないこともありましたし、ゲーム自体の勢いに引っ張られてどうしようもなくなって、「動画出したくねえなあ~」ってなったこともあります(笑)。実況者としては、今やっているゲームがいつまで続くのか、自分の動画はいつまで視聴者さんに見てもらえるのかっていう不安は常にありますね。

――ゲームの浮き沈みでいうと、いまは新型コロナウイルスの影響でnintendo switchの品切れが続くなど、ゲームの需要は爆発的に高まっていると耳にします。ゲーム実況YouTuberとして新型コロナの影響は感じていますか?

米将軍:めちゃくちゃ感じてますね! 自粛期間中は再生回数が倍くらいになりました。その時期は何を出しても伸びる状態だったので、今までやれなかった新しい企画に挑戦したり投稿頻度を上げたりして、自分も含めてYouTuberはみんな頑張ってました。

――投稿頻度はどう変えたんですか?

米将軍:普段の投稿頻度は月20本程度なんですけど、自粛期間は月に70本出しました。ただ、広告の単価も下がっているので、収入が爆発的に増えたわけではないです。

◆日中は学業に専念し、動画撮影は23時以降に

――現在大学院に進学されたとのことですが、入試の時期も動画投稿は続けていたんですか?

米将軍:受験勉強との両立が本当にしんどくて少しだけ休止もしましたが、基本的には投稿を続けました。進学してからも周りについていくのが結構大変な環境なので、時間が全然足りないです。

――一日のスケジュールを教えてください。

米将軍:7時半に起きて学校に行く準備をして、9時に学校着。授業・研究を終えて帰宅が20時半。課題、ご飯、お風呂を済ませて23時。それ以降の時間で動画撮影です。動画撮影に30分程度、編集に2時間くらいかけていたんですけど、自分の時間も必要だし、これ以上忙しくなると動画投稿自体が続けられなくなると思って、今は外部の方に収益の20%をお支払いして編集をしてもらっています。

◆「実況者も楽しんでいる動画」がベスト

――手間をかけたつもりもないのに予想外に伸びた動画はありますか?

米将軍:1人で大人数に立ち向かう『バトロイのチーミング勢をボッコボコにしてみたww』という動画が想像以上に伸びました。

――全動画の中で“米将軍の代表作”を一本挙げるしたら?

米将軍:「【韓国旅行V-LOG】緊急事態で80キロ先までタクシーで。現地で殴り合い勃発。」です(笑)。ブロスタの世界大会で韓国に滞在した時のV-LOGで、YouTuberならではの非日常をお届けできたかなと思います! あと、実況者が楽しんでいることも大事だと思っているんですけど、自分で見返してみても楽しい仕上がりです(笑)。

◆チャンネル登録者数を増やすには“コラボ”が有効

――多くのYouTuberがチャンネル登録者数を増やす手段としてコラボ動画に取り組んでいますが、やはり有効ですか?

米将軍:間違いなくやったほうがいいです。たとえば、同じ『ブロスタ』をやっているyamadaさんと僕の視聴者って、重なっていると思われがちなんですが、実は70%くらい違うんですよ。それがコラボによって、被っていない視聴者にリーチすることができるんです。ただし、とにかく登録者数が多い人とコラボすればいいかというとそうではなくて、入口が広がるだけなので、自分がきちんとおもしろい動画を作ることが前提だと思っています。

――トーク内容は台本を用意しているんですか?

米将軍:YouTubeを始めたばかりの頃は台本を用意していたこともあったんですけど、今は全部アドリブで話すようにしています。あとは、動画だと無言の時間はすごく嫌われるので無駄な部分をこまめにカットしてテンポをよくしています。

◆過去にはアンチに素性を特定されたことも…

――米将軍さんは好感度が高そうですが、“アンチ”はいますか?

百姓:めちゃくちゃいますよ! 一番イヤだったのは学校などの素性を特定されて、晒されたことですね。ほかにもコメント欄で「おもしろくない」「下手くそ」「ブサイク」なんてのは毎日のように書かれますし。100件のコメントの中にそういうのが1件あるだけで、それが心に残るものなんですよね。けど、さすがにもう慣れているのもあって、無心でアンチコメントを消去して、YouTubeで稼いだお金を見てニコニコしています(笑)。

――最後に今後の展望と目標を教えてください。

米将軍:今のところ、今後は動画投稿を続けながら就職をしようと思っています。僕は自己承認欲求が強くて、“ただ動画で稼げるだけの人”になるのもイヤなんです。活躍できる場を増やして、いろんな場所で認められる存在になりたいなと。そのうえで、YouTuberとしてももっと有名になりたい。チャンネル登録者数20万人いきたいです! あとは女のコにモテたいです(笑)

【米将軍】
京都大学大学院に通う現役大学院生にして、スマホゲーム『ブロスタ』を中心にゲーム実況を手がけるYouTuber。大学の先輩の影響で『ブロスタ』を開始して、’18年12月から動画投稿を始めるやいなや、独自性の強い企画と軽快なトークが人気を博し、チャンネル登録者数は6万1000人を突破(’20年10月現在)。Twitterアカウントは@okome_show、YouTubeチャンネル「米将軍《komeshow》」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング