1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

Uber Eats配達員、「受けキャン」で仕事を干される?

日刊SPA! / 2021年2月5日 18時45分

写真

所持金3万円で東京を出発、「Uber Eats」の配達で旅費を稼ぎながら沖縄まで自転車で旅する筆者・小林ていじ

―[40代日雇い男「Uber Eats」自転車出稼ぎ旅【東京発沖縄行】]―

 僕は普段、日雇い派遣などの仕事で稼ぎつつ、時間を見つけてはタイなどの東南アジアを中心に旅してきた。この状況では海外旅行には行けそうにないが、日本国内ならば比較的自由に動けるようになってきている。旅がしたい。でも、社会の底辺で生きる僕にはお金がない。そこで「Uber Eats」の配達で稼ぎながら国内を自転車で旅するという方法をとることにしたのである。

◆受けキャンで仕事を干される?

 旅に出て103日目、僕は鹿児島にいた。この日がウーバーの配達初日だったのだが、稼ぎは少し厳しめだった。大型商業施設の中に入った店舗からの配達リクエストを受けたときのことである。その店の商品受け取りのルールとして次のようなことが書かれていた。

 自転車は○○に入って右側の△△に止め、駐輪時間は20分以内。その後、□□から××側の階段を上がり、@@に繋がる連絡通路に移動。&&の前から店に電話する。スタッフが商品を持っていくのでそこで待機すること。館内への立ち入りは禁止。以上のルールを守らない配達員は次回からの取り引きを停止する。

 なんだ、これ……? 僕は首を捻ってしまった。この商業施設にはまだ一度も行ったことがなかったので、書かれていることがさっぱり理解できなかった。少し迷ってからこの配達はキャンセルすることにした。すると、それから他の店の配達リクエストもパタリと入らなくなってしまった。

 配達リクエストを一度受けてからキャンセルするこの行為は配達員の間で「受けキャン」と呼ばれている。まさかこれを一度したくらいで仕事が干されるなんてことはないはずなのだが……。

◆じつは丁寧な店だった!

 104日目は配達開始早々にこの店からの配達リクエストが入った。鹿児島でウーバーの配達をするうえでこの店は避けて通れないのかもしれない。そこで嫌々ながらもリクエストを受けてみることにした。店の近くまで来たところで店に電話した。

「お電話ありがとうございます。○○鹿児島店です」

 応じたのは若い女性スタッフだった。

「ウーバーですけど、そちらのお店のルールがさっぱり理解できないんですけど!」
「今どちらにいらっしゃいますか?」
「キッチンカーのある広場です」
「そうしましたら……」

 そのスタッフは商品受け渡し場所までの行き方を丁寧に教えてくれた。そのおかげでそこまでは簡単にたどり着くことができた。

 僕に商品を手渡すときには「お疲れ様です。配達よろしくお願いします」と言って深々と頭を下げる。校則の厳しい学校の先生がたいがい嫌な奴であるのと同じように、ルールの厳しいこの店のスタッフも嫌な奴なのではないかと思っていた。が、それも完全に僕の思い過ごしだったようである。

 以後、僕はこの店からの配達リクエストを積極的に受けるようになり、鹿児島で順調に稼げるようになった。

◆桜島の足湯でのんびり

 106日目。配達を休んで桜島観光に出かけることにした。鹿児島港からフェリーで約15分かけて桜島に渡った。

 まず立ち寄ったのは桜島溶岩なぎさ公園である。この園内にある全長100メートルもある足湯に足をつけると、そこから体がじわじわと温まっていく。眼前には錦江湾の穏やかな海面が広がる。ゆっくりと流れていく時間。ふうッと息を吐く。

 この旅のゴールである沖縄まであともう少し。そのとき、僕はウーバーの配達で稼いだ分しかお金を使ってはならないというルールからようやく解放される。このルールがあったおかげでこの旅はゲームとして面白くはあった。

 しかし、ここまで旅してきてつくづく感じることがある。

◆自分の人生にルールを課すべきではない

 それは自分の人生にはなにもルールを課すべきではないということである。ウーバーの配達も人生もルールが多ければ多いほど心は重くなり、自由に動けなくなる。本来、人生はなんでもあり。こうでなければならないとか、こうしなければならないとかそんなものはなにもない。すべてのルールを取っ払って心を自由に解放させればいいのだ。

 沖縄にゴールしたとき、僕は……。

 足湯から足を出すと、そこに吹きつける風が少し冷たい。タオルは持ってきていなかったのである程度自然乾燥するのを待ってから靴下を履いた。そして顔を横に向けると、無言で聳える桜島火山の雄大な姿がそこにあった。
 
【103日目】
<支出>
食費:1714円

<収入>
4553円

残金:4814円

【104日目】
<支出>
食費:1455円

<収入>
7908円

残金:1万1267円

【105日目】
<支出>
食費:1402円

<収入>
6310円

残金:1万6175円

【106日目】
<支出>
食費:2182円
フェリー:400円
合計:2582円

<収入>
0円

残金:1万3593円

<取材・文/小林ていじ>

【小林ていじ】
バイオレンスものや歴史ものの小説を書いてます。詳しくはTwitterのアカウント@kobayashiteijiで。趣味でYouTuberもやってます。YouTubeで「ていじの世界散歩」を検索。

―[40代日雇い男「Uber Eats」自転車出稼ぎ旅【東京発沖縄行】]―

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング