1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

オシャレなデブが「ユニクロの進化」に感動した理由…サイズ問題も余裕でクリア

日刊SPA! / 2021年9月10日 8時53分

写真

Mサイズがジャストフィットというサプライズ!

―[モテるデブには理由がある]―

 こんにちは、日本のデブ諸氏の笑顔製造マシンとして日夜活動している「心もカラダもビッグサイズな男たち」のためのファッション&ライフスタイル情報を配信するウェブマガジン「Mr.Babe」編集長の倉科典仁です。

◆ユニクロがデブに優しくなっている?

 全国のデブ諸氏、最近、ユニクロに行っていらっしゃいますか? なんかデブに優しいアイテムが増えていると思われることはないでしょうか?

 以前からユニクロのオーバーサイズはネットでの通販では購入できてはいたのですが、私の場合、ここ1年くらいユニクロの路面店で服を買うケースが増えております。

 ちょっと前までは、シャツを買おうと思ってXLを試着してみても、身幅(胴回り)はピチピチで丈だけ長いとか、Tシャツを買おうと思ってもテロテロ系の薄い生地ばかりで乳首とお腹の出っ張りがバレバレ……なんてことばかりの印象でした。

 しかし、近年は身幅に余裕があるものが多かったり、綿系の厚手の素材のものもあったり、裾丈もそこそこ身長に合うものがあったりと、感動しながらコスパもいいのでついつい買ってしまうことが多くなりました。

◆オーバーサイズのトレンドともマッチ

 ここ最近、オーバーサイズがトレンドになっていたりするので、その影響もあるのではと思っているのですが、たとえばハーフパンツにしても身長173cm、ウエスト108cmの私でもなんとMサイズで履けたりするのです。

 裾丈も長くもなく、短くもなくジャストフィット状態。それにはさすがに試着室の中で若干ニヤニヤしながら「選べる楽しさ」に喜びを感じていたりするのであります。

「ついに天下のユニクロさまが全国のデブ諸氏のために一肌脱いでくれたのでは!」と自分勝手に思っている今日このごろです。(ユニクロの広報の方、もしこの記事をご覧になったら詳細をご一報いただければ幸いです)

◆「プロのデブ」も満足させるクオリティ

 とはいえ、「Mr.Babe」編集長の私もまだまだ体重3桁kgを誇る「プロのデブ諸氏」から比べればまだまだアマチュア。私ごときが喜んでもプロの方たちを満足させることができるのだろうかと思っていました。

 ところが、「Mr.Babe」のスタイリストでもあり、モデルとしても活躍していただいている「プロのデブ」(何回も言いますが体重3桁)でもあるY氏が「編集長、最近のユニクロはさすがです」と言うのです。

 ワケを聞いてみると「最近、ユニクロさんから出ているTシャツでユニクロU『エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ』というのがあるのですが、かなりの優れものなんです」と鼻息荒めに話してくれました。

◆ルメールコラボ「ユニクロU」の名作Tシャツ

 ユニクロUとはクリフトフ・ルメール氏という著名なデザイナーの方とコラボしているコレクションで毎回、洗練された美しいアイテムを輩出しているとのこと。

 その中でもY氏が注目したのが、デブ諸氏にとって欠かせないアイテム「Tシャツ」だったのです。

 このTシャツにはユニクロの代表的生地である「エアリズム」が使われているのですが、デブにとってはエアリズムだけだとどうしても頼りなく、テロテロしているので外着として着るには抵抗があります。

 しかし、今回のアイテムは一味違うとのことなのです!

◆ディティールまですべてが「デブ向き」

 昨今のユニクロの流れではあるのですが、驚くことに表地と裏地で生地感が違い、「表地はコットン、裏地はエアリズム」というまさにデブにとっては都合のいい究極のTシャツになっています。

 しかも、表地のコットンには光沢があり、見栄えが美しくで上質でありながら、袖を通すと涼しく、着心地も抜群とのこと。

 全体のシルエットも袖5分丈なのでアームフォールの窮屈感も感じず、動きやすさも抜群です。

 おまけに着丈は長すぎず、身幅もゆったりしているのですが、太くなりすぎない絶妙なバランスなので見た目にも野暮ったくならないという清潔感抜群の見た目になっています!

◆デブ推奨サイズはすでに品薄状態

 カラー展開も「ブラック」「グレー」など定番から「ワイン」「オリーブ」などの個性派までカラーバリエーションも充実しているというではないですか!

 しかし、皆さん、実は私たちの推奨サイズ「2XL」「3XL」が欠品気味だという噂もあるので、全国のデブ諸氏は早めのチェックをオススメいたします。

 コスパもよく、気軽に行けるユニクロさま。今後とも全国のデブ諸氏の期待にお応えいただければ幸いです。

【倉科典仁】
渋谷系ファッション雑誌『MEN’S KNUCKLE』や暴走族雑誌『ティーンズロード』などエッジの効いた若者カルチャーをテーマにした雑誌を多数手掛ける。現在はウェブマガジン『Mr.babe』でデブに特化したファッション&ライフスタイル情報を毎日配信中。2019年9月よりデブ限定の会員制オンラインサロン「Mr.babe BIG MAN’s LABO」を開設。大きな男たちだけで日本の経済を向上させるべく奮闘中(Twitterアカウント:@nori09140914)

―[モテるデブには理由がある]―

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング