1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

出会いがなかった離島暮らしの38歳男性、それでも「スピード婚」実現の理由

日刊SPA! / 2021年10月14日 8時54分

写真

※写真はイメージです

―[結婚につながる恋のはじめ方]―

 皆さん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。

◆コロナ禍で盛り上がる「遠距離婚活」

 新型コロナの新規感染者が減り、外でお酒が飲めるようになりました。婚活をしている方はデートのバリエーションが増え、これまで以上にお相手との関係作りがしやすくなったのではないでしょうか。

 コロナ禍では今までリアルでしか成立しないと思われていたコミュニケーションの多くがオンラインでも大丈夫だったということに気づき、Zoomなどオンラインでのやりとりが活発になりました。

 婚活でもオンラインお見合いやオンラインパーティなどでご縁につながることもあり、場所にとらわれず、出会いを作っている人も少なくありません。そして、オンラインでのやりとりが活性化したからこそ生まれたご縁がこの1年、たくさん生まれているのです。

 今回は「遠距離婚活」が盛り上がっている理由についてお伝えします。

◆離島暮らしで出会いがなかったシラキさん

 弊社会員で愛媛に住むシラキさん(仮名・38歳)は離島在住ということもあり、なかなか出会いがなく、ご入会を決断されました。

 シラキさんは婚活らしい婚活もほとんどしたことはなく、アプリでの婚活もチャレンジされたそうですが、離島にいると出会うこと自体が難しかったようで、どのように出会いをつくればいいか困っている状態でした。

 すぐに私のサポートで婚活することを決め、西日本と四国の女性を中心に出会いをつくっていくことになりました。

◆なかなか会えない…そんなときにやるべきこと

 とても誠実で素敵な男性だったこともあり、お見合いはスムーズに決まるものの、やはり距離のハードルは高く、交際に至ってもなかなか会うことが叶わず、そのまま交際が終了してしまうことがありました。

 そこで、「『会う』ということ自体がハードルだとしたら、会うまでに明確に解決しておきたい結婚に向けた意見交換をしてみるといいのではないか」、そんなふうに私はアドバイスし、どんなことがシラキさんにとって重要なのかをヒアリングしました。

◆条件を改めて整理することの重要性

 シラキさんは島で農業をしているため、今の場所を離れることはできないとのこと。そうなると、一緒に島に住んでくれる方、または週末婚という形をつくるしかありませんでした。

 しかし、農業を手伝ってほしいかと言われるとそれは絶対ではないようで、仕事に関しては女性側の意向を尊重したいと言っておりました。

 ほかにも両親のこと、お金のこと、家事のことなどこだわりたい点のみをヒアリングし、お相手との価値観で譲れない部分がぶつかる場合は交際に進まず、最低限条件が合う人と前に進むことにしたのです。

◆初対面で伝えるべきことをすべて伝える

 その後、ご縁があったミオさん(仮名・34歳)とお見合いをした際、「自分が会いに来れるとしたらお休みはココです」ということを明確にお伝えしました。

「ある程度、交際が進んで自分をいいなと思ってもらえたら、ぜひ自分の住んでいる場所も見にきてほしいと思っています。とても素敵な場所なのでご案内しますよ」とお見合いの時点で今後、ハードルになるであろうことに関してきちんとお話をしたようです。

「会えないときはLINEや電話などは積極的にしたいと思っていますが、ミオさんはどうですか?」と必ずお相手の話を聞くことも忘れず、紳士的にお話を進めていったシラキさん。ミオさんからはお見合い後、「とても誠実な方でぜひ前向きに交際していきたい」とお返事をいただきました。

◆2度目のデート後に真剣交際へ

 ミオさんとはお見合いのときにお話していたように毎日電話とLINEでのやりとりをしていき、明確に結婚後のことやお互い考えていることなどの話を合わせていったとのこと。

 初めてのデートはお見合いから1か月後でした。ミオさんの住む街まで行くには車で100キロちょっと。その時点で2人はもう真剣交際を視野に入れてデートを楽しんでいたようです。

 シラキさんからもミオさんの仲人さんからも「真剣交際を視野に交際している」と連絡を受け、2度目のデートのときに真剣交際に進みました。

◆限られた条件下で生まれる「スピード結婚」

 会う回数も重要ですが、それ以上に結婚をイメージしやすい明確な会話がLINEや電話やZoomでなされていたことがこの遠距離スピード婚を生みました。

 さらにお互いに出会いの少ない環境にいたため、出会えたことだけでも、とても価値のあることと感じたようです。

 たくさんの出会いを繰り返すことも婚活をする上では重要かもしれませんが、限られた条件の中で出会うしかない地方の方とのご縁は、「スピード結婚」につながる可能性を秘めているかもしれません。

 ぜひ関東や出会いの多い環境で活動する男女には、遠方の方とのご縁もオススメします。

【山本早織】
1985年、東京生まれ。アイドル、銀座のホステスなどを経て、現在は恋愛コンサルタントとして結婚したい男女に向けて情報や出会いの場を提供する。メルマガ「結婚につながる恋のコンサルタント山本早織があなたの恋のお悩み解決し、最高の結婚生活の作り方も教えます」が配信中。公式ホームページ「結婚につながる恋のコンサルタント 山本早織」(Twitterアカウント:@yamamotosaori_)

―[結婚につながる恋のはじめ方]―

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング