【夢中論】NO MUSIC NO剛力 ライブチケットのためファンクラブ入った

スポニチアネックス / 2017年7月18日 9時3分

仕事の合間、移動中に♪スマートフォンでいつでも音楽を楽しんでいる剛力彩芽

 女優・剛力彩芽(24)の日常には音楽が欠かせない。ドラマ撮影以外の時間は入浴中も音楽に漬かり、息抜きはライブをノリノリで楽しむこと。シンガー・ソングライターの清水翔太(28)と3人組バンド「back number」に夢中で、ファンクラブに入るほどの筋金入りだ。音楽の力を借りて演技も向上。歌手としての飛躍にも夢を膨らませている。

 1000曲以上の楽曲を取り込んだiPhoneとワイヤレスのイヤホンが手放せない。「常に音楽を聴いています。移動中や仕事の合間はもちろん、お風呂にも防水ケースに入れてiPhoneを持って行きます」

 最近のヘビーローテーションは、清水の新アルバム「FLY」。「先月もライブに行きました。8月の武道館公演のチケットも取れたので、半年前から“その時間だけは仕事を空けてください”ってお願いしています」

 5歳からダンスを習っていた影響もあり、子供の頃から音楽は身近だった。清水は高校時代からファンで、back numberは姉に薦められて5年ほど前に聴き、はまった。どちらも真っすぐに感情をつづった歌詞と、優しい歌声が魅力。6月に清水のファンクラブが開設されたことをきっかけに、2つに入会した。

 「ライブのチケットがなかなか取れないのでファンクラブに入ったら取りやすくなるかなと思って入りました。当選して“いつ届くかな”と待ってる期間も凄く楽しい」

 ライブをノリノリで楽しむのが仕事の息抜き。月に1回は家族や友人と訪れる。関係者席のチケットをもらうこともあるが「周りが偉い人ばっかりだと立てないので寂しい。普通の客席のほうが盛り上がって見られるので楽しめます」

 好きな曲はバラードが多いが、気合を入れたい時はロックバンド「ONE OK ROCK」の勢いあるサウンドに力を借りる。「曲によって元気ももらえるし、リラックスもできる。映画で泣くシーンの本番前には、その感情に似た音楽を探して聴いて、一発で泣けました。音楽とつながって自分の気持ちが変わるので、私にとって絶対になくちゃダメなもの」

 コミュニケーションツールとしても役に立つ。撮影中の主演ドラマ「フェイス―サイバー犯罪特捜班―」の現場では、40代の男性スタッフとback numberで意気投合。「年齢も性別も関係ないし、国が違って言葉が分からなくても共感しあえる。“あの歌、いいよね”という話がきっかけになるんです」

 歌手でもあり、2013年のデビューからシングル4枚、アルバム1枚をリリース。シンガー・ソングライターに憧れ、思いついた言葉をメモに書きためている。「いつか歌詞を書けるようになりたいので、どう表現してるのかなとかも考えながら聴いています」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
スポニチアネックス

トピックスRSS

ランキング