ヤクルト今季ワースト借金32 先発・由規が4回4失点で降板

スポニチアネックス / 2017年8月13日 17時19分

3回2死二、三塁、ゲレーロ(右)に3ランを打たれ肩を落とすヤクルト由規

 ◇セ・リーグ ヤクルト2―7中日(2017年8月13日 ナゴヤドーム)

 ヤクルトが13日の中日戦に2―7で敗れ、今季ワーストの借金32となった。

 今季ここまで3勝3敗の由規が先発。初回に山田の適時打で先制点をもらうも、中日の大島に適時打を打たれて同点に追いつかれた。

 3回には2死二、三塁のピンチを背負うと、ゲレーロに30号3ランを浴びた。由規は4回4失点で降板。6回には3番手の近藤が福田に3ランを被弾し勝負が決した。打線も山田とリベロの適時打で挙げた2点で終わった。

スポニチアネックス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング