【CSキーマンに聞く】西武・山川 青木流センター返しで“開眼”

スポニチアネックス / 2017年10月13日 9時33分

さあCSだ!色紙に「獲」の一文字を書きガッツポーズの山川

 日本シリーズを懸けたクライマックスシリーズ(CS)は14日にセ・パ共に開幕する。ファーストステージに出場するキーマンを直撃する企画の第2回は西武・山川穂高内野手(25)。今季は7月に1軍昇格して打率・298、23本塁打と自己最高の成績を残した。ブレークの理由、4番で挑む初出場のCSへの思いを聞いた。 (聞き手・平尾 類)

 ――いよいよCSが始まる。楽天戦は今季、打率・347、7本塁打している。

 「楽天に勝ちたいし、ソフトバンクも倒さなければいけない。ヤフオクでやる時は強さが1ランク上がるけど、打ち合いでも絶対に勝ちたいです」

 ――今季は打撃3部門で自己最高の成績を残した。

 「1年を通して試合に出たわけではないので成績に満足はしていない。中村さんみたいに毎年30、40本塁打を打ちたいです」

 ――今季は4月下旬から2カ月以上ファーム暮らしが続いた。

 「昨季は中村さんが故障してチームもBクラスで試している部分が多かった。14本塁打だけど何もつかめていなかったんです。今季は春先に2軍で調子が悪くて打てる気もしなかった。でも、1軍で使ってもらうために打率3割はいつでも打てるとこだわった」

 ――7月に昇格すると66試合で21本塁打。9月から「4番・一塁」に定着した。

 「今まで左翼方向に放り込むイメージだったけど、1軍に上がってからバックスクリーンを狙う意識に変えた。1年目のオフに一緒に自主トレさせていただいた青木宣親さん(メッツ)の言葉を思い出したんです。“どういう意識で打っている?俺は直球待ちのセンター返しだよ”って。青木さんとタイプは違うけど、中堅は一番飛ぶ方向にある。普通に打てば中堅に飛ぶことに気づかされた」

 ――効果は?

 「直球が差されても逆方向の右に打てるようになった。広角に本塁打を打てるようになりましたね。左肩の開きも抑えられて変化球を見極められるようになった。打率が上がったし、三振ももっと減らせると思う」

 ――得点圏打率も昨季より大幅上昇した。

 「気持ちの面が大きいと思う。今までは結果は後からついてくると思っていたけど、夏に1軍に上がってから1打席、1球を無駄にしないように死んでも結果を出そうと思った。足も震えるしドキドキしますよ。でも最近はチャンスで“よっしゃ”と思えるようになった」

 ――OPSも1・081と高い。

 「重視しているのがOPSです。長距離砲として長打と出塁率が高ければそれだけチームに貢献できているということなので」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
スポニチアネックス

トピックスRSS

ランキング