坂上忍 良太郎容疑者逮捕 厳しい教育が仇に「やるせなくなっちゃう」

スポニチアネックス / 2017年10月13日 13時28分

坂上忍

 俳優の坂上忍(50)が13日放送のフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。覚せい剤取締法違反(使用)の疑いでタレントの清水良太郎容疑者(29)が逮捕された事件について「考えられない」とあきれ顔を見せた。

 番組では、事件の経緯、12日夜に行われた父・清水アキラ(63)の謝罪会見などを詳しく紹介した。良太郎容疑者は今年2月に闇カジノ騒動があり、6月に復帰。最近ではテレビにも出演し、騒動について話すことも増えていた。

 坂上は「これからって時の逮捕劇ですからね。考えられない」と首をひねった。元TBSでフリーの吉川美代子(63)は「闇カジノ騒動以降も家族として話し合ったり、厳しいことも言うけれど、何かあったらちゃんと家族がいると接していたのに、こういうことになったって、大バカもの」。土田晃之(44)も「29歳にもなって、クソ野郎。そもそも親の立場もある。お父さんが芸能関係の仕事をしていて、そのおかげで自分もできている。それで、お父さんにああいう会見させること自体がもう30にもなる人がやることじゃない」とバッサリと斬り捨てた。

 アキラは会見で「育て方がダメのかも」と涙ながら謝罪。同じく父親の立場から「雨上がり決死隊」の宮迫博之(47)は「自分の息子が…と考えたら、会見とか余裕がないかも。警察に捕まれる前に自分で殺してしまうんじゃないかと思うぐらいの感情になってしまう」と絶句。橋本マナミ(33)は「(以前一緒になった時に)凄いお父さんがかわいくて面倒見ているんだなというのは伝わってきた。たぶん厳しくは育てたんでしょうけど、3男ですし、甘やかしていた部分もあったのではないか」とコメント。

 土田は「自分の子育て方が悪いと言うけど、成功か、失敗なんてわからない。一人の大人ですからね。アキラさんは誠心誠意、いい会見だった。崖から落ちているから、自分の力で這い上がってくるしかない、その通りだと思う」と持論を展開した。そんな中、元衆議院議員の東国原英夫氏(60)は「小さい頃、伺ったことがあって知っています。本当に非常に厳しくしていた」としたうえで、「それが裏目に出たのかなと、アキラさんとしては、本当にお辛いと思う」と同情した。

 坂上は何か問題を起こせば、大きな問題になってしまう芸能人の父親は「より厳しく育ててらっしゃる方が多い」とし、「それが仇(あだ)になっちゃうって。やるせなくなっちゃう」とアキラを気遣った。

スポニチアネックス

トピックスRSS

ランキング