ロケッツの連勝が6でストップ 西地区全体首位の座から陥落

スポニチアネックス / 2017年11月15日 14時9分

38得点を挙げたもののラプターズに敗れたロケッツのハーデン(AP)

 NBAロケッツは14日、地元ヒューストン(テキサス州)でラプターズに113―129(前半64―76)で敗れて11勝4敗。連勝は6で止まり、西地区全体首位の座をウォリアーズ(11勝3敗)に明け渡した。

 ジェームズ・ハーデン(28歳)は38得点、6リバウンド、11アシストをマーク。フリースローは19本すべて成功させて失敗なしのチーム最多記録を樹立したが、ターンオーバーも9回喫するなどミスも目立った。ハーデンとともにバックコート陣を支えているエリック・ゴードン(28歳)は得意の3点シュートを7本すべて失敗。12得点に終わってハーデンをサポートすることができなかった。

 ラプターズは8勝5敗。デマー・デローザン(28歳)が27得点、カイル・ラウリー(31歳)が19得点と10アシストを稼いで勝利に貢献し、ここ4戦で3勝目を飾った。

スポニチアネックス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング