ロッテ 97年新人王・小坂誠氏が13年ぶり復帰「少しでもお役に」

スポニチアネックス / 2017年12月7日 19時51分

 ロッテは7日、OBの小坂誠氏(44)が2軍内野守備・走塁コーチに就任することが決まったと発表した。13年ぶりの古巣復帰となる。背番号は74。

 宮城県出身の小坂氏はJR東日本東北から1996年ドラフト5位でロッテに入団し、翌97年は新人ながら遊撃手として開幕スタメンを果たすと全試合に出場して新人王を獲得した。身長1メートル67と小柄ながら”小坂ゾーン”と呼ばれた超人的な守備範囲の広さで4度のゴールデングラブ賞を獲得。俊足を生かした走塁で98年、00年と2度の盗塁王にも輝いた。06年に巨人、09年に楽天へ移籍し、10年限りで現役を引退。翌11年から楽天、14年から日本ハム、17年から巨人でそれぞれコーチを務めていた。

 小坂氏は球団を通じて「このような機会をいただけて大変、感謝をしています。少しでもマリーンズのお役にたてるように取り組んでいけたらと思っています。13年ぶりとなりますが、ファンの皆様に喜んでいただけるように陰ながらサポートさせていただきます」とコメントしている。

スポニチアネックス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング