「バイプレイヤーズ」大杉漣&松重豊が爆笑対談!アドリブ「放し飼い」荒波反映されず「不満」

スポニチアネックス / 2018年2月14日 10時3分

テレビ東京「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」で再び共演、対談を行った大杉漣(左)と松重豊

 ◇大杉漣×松重豊対談(上)

 名脇役たちが再び本人役で共演するテレビ東京の連続ドラマ「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」(水曜後9・54、全5話)は、おじさんたちの“わちゃわちゃ”ぶりがパワーアップ。視聴者の“おじさん萌え”に拍車がかかり、インターネット上で反響を呼んでいる。大杉漣(66)と松重豊(55)が爆笑対談を繰り広げた。

 約1年ぶりの復活となり、深夜(金曜深夜0・12)の40分枠からプライム帯(午後7~11時)の1時間枠に昇格。昨年1~3月に放送された前作「~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」に続き、大杉、松重、遠藤憲一(56)田口トモロヲ(60)光石研(56)が出演。寺島進(54)はスケジュールが合わず、今作は休む。

 前回は、6人が共同生活を送る“おじさんだらけのテラスハウス”として話題に。今回は、テレ東制作の朝ドラ「しまっこさん」で共演することになった5人がロケ地を間違えて無人島に流れ着き、サバイバル生活を送るというストーリー。

 第1話(7日放送)、遭難から20日後、5人はイカダで脱出を試みるが、失敗。肩を落とす5人を、「しまっこさん」撮影帰りの岡田将生(28)が偶然、見つけ「野人?」と驚く。5人は助かった。到着した島自体は合っていたが、船着き場を間違え、「しまっこさん」メインロケ地とは反対側にいたのだった。

 「しまっこさん」で大杉は村長、遠藤はヒロイン・志麻子(本田望結)の叔父、田口は教育委員長、松重は志麻子が通う学校の校長、光石は図書館長を演じる予定だったが、不在の間に代役(小日向文世、菅田俊、野間口徹、森下能幸、甲本雅裕)を立てられ、エキストラ的な「島おじさん1~4、島ママ(遠藤)」に…。

 前回に続いて企画を担当し、今回は演出も手掛けるドリマックス・テレビジョンの浅野敦也プロデューサーによると、今作は「やっぱり勢揃いのシーンが一番パワーがあるので、なるべく多くしたいと思っています。個々に動くシーンは前作より相当少なくなっています」。勢揃いのシーンは前回以上に、アドリブが入る余地を残した台本にした。

 初回のラスト。代役を提案したことを光石たちに責められ、「ヘリの時間だ。OK、グッジョブ!」と逃げ去る役所広司(62)に、光石は「諫早(役所の出身地)の人がグッジョブって」、大杉は「役所ー!おい!」、遠藤は「諫早ー!」などとアドリブ。最後は光石が吹き出し、第1話は終了した。

スポニチアネックス

トピックスRSS

ランキング