大杉漣の背中を見続けた松重豊「初共演の経験が指針」30年経て「バイプレイヤーズ」は“寄港地”

スポニチアネックス / 2018年2月14日 10時3分

テレビ東京「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」で再び共演、対談を行った大杉漣(左)と松重豊

 ◇大杉漣×松重豊対談(下)

 俳優の大杉漣(66)と松重豊(55)は、名脇役たちが再び本人役で共演するテレビ東京の連続ドラマ「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」(水曜後9・54、全5話)のメンバー。松重の映画デビュー作「地獄の警備員」(1992年公開、監督黒沢清)で初共演して以来、約30年の付き合いになる。松重にとって、大杉は“恩人”。「今、こうやって映画や映像の仕事をしているのは、やっぱりあの経験が指針になっているのは間違いないですよね」と先輩の背中を追い掛けてきた。名バイプレイヤー対談から浮かび上がる演技論、俳優論、生き方とは――。

 約1年ぶりの復活となり、深夜(金曜深夜0・12)の40分枠からプライム帯(午後7~11時)の1時間枠に昇格。昨年1~3月に放送された前作「~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」に続き、大杉、松重、遠藤憲一(56)田口トモロヲ(60)光石研(56)が出演。寺島進(54)はスケジュールが合わず、今作は休む。

 前回は、6人が共同生活を送る“おじさんだらけのテラスハウス”として話題に。今回は、テレ東制作の朝ドラ「しまっこさん」で共演することになった5人がロケ地を間違えて無人島に流れ着き、サバイバル生活を送るというストーリー。

 ――お二人の初共演はいつになりますか?

 【松重】僕は映画デビューで、大杉さんと初共演したんですよ。黒沢清監督の「地獄の警備員」(※1)。弱冠27歳で主演に抜擢していただきましたが、その時、とにかくもう映画のことは何も分かりませんでした。大杉さんは転形(劇場)(※2)のスターで、僕ら演劇人(※3)からすれば、演劇から映画という道をつくってくれた先輩。そして、その先輩が現場の空気をつくっていらっしゃるんですよ。僕みたいに右も左も分からない者は緊張している中、大杉さんは今でもそうですが、全然偉ぶることなく、本当に自然体で現場にいて、分け隔てなくキャストにもスタッフにもエキストラさんにも接するので、その空気が作品にいい影響を及ぼしている。そういう大杉さんの姿を見て、僕は映画の世界も演劇とは違う楽しみ方ができると思いました。今、こうやって映画や映像の仕事をしているのは、やっぱりあの経験が指針になっているのは間違いないですよね。ここまで褒めちゃっていいですか(笑い)。

 【大杉】いやいやいや(照れ笑い)。

スポニチアネックス

トピックスRSS

ランキング