スノボ男子HP 1回目終え片山が4位!平野、戸塚は転倒 ホワイト圧巻1位発進

スポニチアネックス / 2018年2月14日 11時4分

スノーボード・男子ハーフパイプの片山来夢

 ◇平昌冬季五輪 スノーボード男子ハープパイプ決勝(2018年2月14日)

 平昌五輪は14日、スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)決勝が行われ、日本からは前回ソチ五輪銀メダルの平野歩夢(19=木下グループ)、片山来夢(22=バートン)、16歳の戸塚優斗(ヨネックス)の3人が出場。1回目の試技を終え、片山が日本人最高の4位につけた

 金メダルの期待が懸かる平野は3本目のエアで転倒し、1回目は35・25点。平野の最大のライバルであるショーン・ホワイト(31=米国)は94・25点でトップ。「3強」の一角スコット・ジェームズ(23=オーストラリア)が92・00点で続いた。

 片山は5・1メートル判定の高いエアを決め、最後は「ダブルコーク1260」を成功させるなど1回目から85・75点をマークし4位に入った。

 戸塚は軸をずらして縦に2回転、横に3回転半する「ダブルコーク1260」に成功するなど、予選よりも難易度を上げて挑んだが、最終6本目のエアで転倒。39・25点で8位となった。

 ◇スノーボード・男子ハーフパイプ 決勝は前日に行われた予選の上位12選手が出場。6人の審判員が100点満点で採点し、最高と最低の2人の点数を除いた残り4人の平均点が得点となる。3回の試技のうち最も高い得点を採用し、順位を決定する方式で行われる。

スポニチアネックス

トピックスRSS

ランキング