NPB “大谷も使用”走塁用手袋今月中にも認可へ

スポニチアネックス / 2018年4月17日 8時43分

走塁用の手袋をする大谷

 12球団の代表者会議が16日、都内で行われ、野球振興事業の財源案に「野球くじ」導入の是非を引き続き議論した。また2日の実行委員会で導入が検討されたエンゼルス・大谷の走塁用手袋に関し、規則委員会は3点の検討課題を報告。

 (1)MLBへ手の甲側にある硬質素材を問い合わせた上、打席だけでなく走塁中でもプロテクト器具をつける整合性(2)手袋の大きさ、色、商標(3)クロスプレーの際、同手袋で相手野手を傷つけない――以上をクリアすれば今月中にも認可することが確認された。

スポニチアネックス

トピックスRSS

ランキング