雄星ブルペンで43球「痛みなく投げられた」6月1軍復帰の見通し

スポニチアネックス / 2018年5月17日 7時38分

ブルペン投球を再開した西武・菊池

 西武は左肩の機能低下で2軍調整中のエース・菊池がブルペン投球を再開した。西武第2の室内で捕手が中腰、膝立ちの姿勢で計43球。本格的な投球は4日の楽天戦以来で「8割ぐらいの力。痛みなく投げられたのが一番の収穫」と笑顔を見せた。

 「予定通りのステップを踏めている」と言う菊池は今後は2度、ブルペンで投球練習を行い、25日か26日のイースタン・ヤクルト戦で実戦復帰。状態に問題がなければ6月1日の阪神との交流戦で1軍復帰する見通しだ。

スポニチアネックス

トピックスRSS

ランキング