等々力のハーフタイムショーをありがとう…川崎F、西城秀樹さんへ感謝のメッセージ

スポニチアネックス / 2018年5月17日 16時38分

2011年7月、川崎F―福岡戦のハーフタイムに登場し、サポーターの歓声に応える西城秀樹さん

 サッカーJ1の川崎Fは17日、歌手の西城秀樹さんが急性心不全のため63歳で亡くなったことを受け、公式ツイッターで追悼のメッセージを発表した。

 「いつも謙虚で気さくで笑顔がとても素敵な方。せっかくの縁だからと、フロンターレのサポーターのために、わずか数分の出演にも関わらず毎回毎回リハーサルから一切の妥協を許さない厳しい方でもありました。あの、等々力が一体となる瞬間が大好きでした。秀樹さん、ありがとうございました」

 西城さんは川崎市に住んでいたことが縁となり、2004年7月、川崎市制80周年記念試合として行われたJ2「川崎F―横浜FC」戦のハーフタイムに登場。「YOUNG MAN」を熱唱して等々力のサポーターとともに「YMCA」ダンスで盛り上がり、それからは07年を除いてほぼ毎年、市制記念試合でハーフタイムショーを行ってきた。

スポニチアネックス

トピックスRSS

ランキング