マエケン復帰試合で乱闘 両軍ベンチ総出 本塁の衝突で走者と捕手がもみ合い 2選手退場

スポニチアネックス / 2018年6月14日 14時40分

<ドジャース・レンジャーズ>ケンプ(中央)を抑えるオドルとベルトレ(AP)

 ◇インターリーグ ドジャース―レンジャーズ(2018年6月13日 ロサンゼルス)

 13日(日本時間14日)に行われたドジャース―レンジャーズ戦で、本塁上のタッチプレーを巡って両軍総出となる事態が起こった。

 3回、2―0とリードのドジャースは2死二塁の場面で4番・ヘルナンデスが右前打。この当たりで二塁走者のケンプは本塁を狙ったが、右翼・マザラからの好送球でタッチアウトとなり、捕手・チリーノスと衝突した。

 激しく当たられたチリーノスはケンプに詰め寄ると、たちまち両者もみ合いに。ドジャース、レンジャーズの両ベンチが総出となる事態となり、チリーノスとケンプは退場を命ぜられた。

 この試合では右股関節の張りで故障者リスト(DL)入りしていたドジャースの前田健太投手(30)が復帰。先発して5回5安打2失点で勝敗はつかなかった。

スポニチアネックス

トピックスRSS

ランキング