中日・京田 プロ初2戦連発 復調の兆し

スポニチアネックス / 2018年7月12日 7時1分

<D・中>3回、左越え2ランを放った京田(右)は大島に迎えられる(撮影・島崎忠彦)

 ◇セ・リーグ 中日2―1DeNA(2018年7月11日 横浜)

 中日・京田が初の2試合連続アーチを放った。3回2死一塁から今永の高め直球を捉え左翼席最前列に3号2ラン。これが決勝打となり「力負けしないようコンパクトにいった。風に助けてもらった」と喜んだ。

 昨季の新人王も6月下旬に31打席連続無安打も経験。「見失いました」「もう分からないです」と弱音も吐いたが、これで5試合連続安打。打率はまだ・231だが、復調の兆しを見せ、後半戦に弾みを付けた。

スポニチアネックス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング