巨人、元木新コーチが松原弾アシスト 宮本コーチは若手に期待

スポニチアネックス / 2018年11月9日 7時3分

4回1死二、三塁、松原の打球が左中間を抜ける。三塁コーチの元木が腕を回して松原は本塁へ突入(撮影・篠原岳夫)

 ◇エキシビションゲーム 巨人6―9MLB選抜(2018年11月8日 東京D)

 巨人は新任のコーチ陣にとっても、初の東京ドームでの試合となった。

 21年ぶりに現場復帰した宮本投手総合コーチは、3回のピンチでマウンドに向かい、高田に声を掛けた。若手投手陣に「大人の階段を上ってほしい。こういう舞台で投げるのが成長につながる」と期待。三塁コーチを務めた元木内野守備兼打撃コーチは4回、二塁を回った松原に「ゴーサイン」を出しランニング弾をアシストした。

スポニチアネックス

トピックスRSS

ランキング