広島“地方の鬼”野村、巨人封じる「しっかり攻めたい」

スポニチアネックス / 2019年4月16日 8時2分

キャッチボールする広島・野村(左)の横でランニングするジョンソン(中央)

 17日に先発予定の広島・野村は、“地方の鬼”として巨人封じを目指す。熊本ではプロ初登板ながら、地方球場は呉での16年4月12日中日戦以来、5戦5勝と相性抜群。「地方はやってみないと分からないけど、柔らかいマウンドは嫌いではない。試合中に対応していく」と自信をちらつかせた。

 この日は本拠地マツダスタジアムでの投手指名練習に参加して、ブルペン入りした。前回登板の10日ヤクルト戦は、4回103球、3失点でチームの連敗を止められなかった。今回の相手は巨人と強力打線に変わりない。「無駄な四球を出さないように、でもしっかりと攻めたい。(坂本勇が2番など)いい打者はどこにいても嫌だけど、まずは自分の投球をしっかりとする」。今回のカードは2連戦。野村の白星で、開幕カードからの負け越しを止めたい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング