SP三人娘がトリプル主演舞台 桐谷美玲ら発掘、スカウト力自慢の事務所逸材

スポニチアネックス / 2019年8月14日 5時2分

「SP3人娘」として注目される(左から)長見玲亜、竹内愛紗、松風理咲

 10代の注目女優が主演を務める舞台が今秋、上演されることが決まった。内山理名(37)、黒木メイサ(31)、桐谷美玲(29)、桜庭ななみ(26)らが所属する芸能事務所「スウィートパワー」の松風理咲(18)、竹内愛紗(17)、長見玲亜(17)がトリプル主演。“令和の三人娘”候補との呼び声高い3人に注目が集まりそうだ。

 10月26、27の両日に東京・原宿クエストホールで行われる「私がオジサンになってた!?(仮)」。同世代で同じ事務所で普段から仲良しの3人は「スウィートパワー(SP)ガールズ」としてファンに親しまれ“SP三人娘”とも呼ばれている。芸能界ではこれまでさまざまな三人娘が一時代を築いており、今作も歴史に残るものになるか、期待が高まる。

 物語は突然夢の中に現れた謎のオジサンに「俺は、未来のおまえだ」と言われて3人は驚がく。オジサンになってしまう未来を食い止めるべく、奔走するコメディーだ。

 スカウト力に定評のある事務所が発掘した逸材。松風は透明感あふれる清楚(せいそ)な美人、竹内は健康的で明るい美女、長見はクールビューティーと個性が異なる。それぞれのソロ初写真集が先月26日に発売され、3人が登場した発売記念イベントは大盛況。テレビ関係者は「ルックス、潜在能力に注目している関係者は多い。それぞれがトップ女優になる可能性を秘めている」と語る。

 そんな3人がそろう舞台。松風は「切磋琢磨(せっさたくま)して頑張りたい」。竹内は「一緒の舞台に立てるのでワクワクしています」。長見は「仲良しの3人で仕事ができる期待もあります」と張り切っている。

 ◆長見 玲亜(ながみ・れあ)2002年(平14)5月28日生まれ、神奈川県出身の17歳。17年フジテレビ「人は見た目が100パーセント」でドラマデビュー。同年のテレビ朝日「オトナ高校」で15歳の中学3年ながら23歳OLを好演した。ブルボンCM「エクセレントスイーツシリーズ」にも出演。特技はテニス、バレーボール。1メートル58。血液型B。

 ◆竹内 愛紗(たけうち・あいさ)2001年(平13)10月31日生まれ、福島県出身の17歳。17年6月、わずかデビュー3カ月で「週刊ヤングジャンプ」の表紙に登場。映画「十二人の死にたい子どもたち」、日本テレビ「俺のスカート、どこ行った?」などに出演。19年「高嶺と花」(フジテレビ系)で初ヒロイン。特技はトロンボーン。1メートル64。血液型AB。

 ◆松風 理咲(まつかぜ・りさき)2001年(平13)1月17日生まれ、岐阜県出身の18歳。16年、テレビ朝日のドラマ「グッドパートナー」でドラマデビュー。日本テレビ「先に生まれただけの僕」、フジテレビ「グッド・ドクター」などに出演。石田ひかり(47)との2人舞台「A列車に乗っていこう」上演中。特技は一輪車。1メートル53。血液型B。

 《「元祖三人娘」50年代後半に活躍》芸能界ではさまざまな三人娘が登場して人気を博し、ソロでも活躍した。「元祖三人娘」と呼ばれたのは美空ひばりさん、江利チエミさん、雪村いづみ(82)で1950年代後半に活躍。3人とも同じ1937年生まれ。当時では異例だった事務所やレコード会社の垣根を越え、映画やグラビアでの共演を実現させて話題となった。1960年代には当時渡辺プロダクションに所属していた中尾ミエ(73)、伊東ゆかり(72)、園まり(75)の「ナベプロ三人娘」が活躍。3人で番組司会を務めるなど、幅広い活躍ぶりだった。「花の中三トリオ」はオーディション番組「スター誕生!」(日本テレビ)からデビューした森昌子(60)、桜田淳子(61)、山口百恵さん(60)の中3(73年度)当時の呼び方。存在感を示し、一時代を築いた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング