FC東京・オリヴェイラ、横浜戦欠場 前節右肩脱臼の永井は強行へ

スポニチアネックス / 2019年12月4日 5時44分

FC東京のオリヴェイラ

 FC東京に厳しい現実が待っていた。練習を再開したオフ明けの3日、ブラジル人FWディエゴ・オリヴェイラが最終節を欠場する見通しとなった。チームトップの14得点をマークするストライカーは、11月30日の浦和戦で右膝を負傷し途中交代。長谷川監督は「明日の状況を見て、とドクターからは言われているが、現実的には難しい」と横浜戦には出場できない可能性を示唆した。

 逆転優勝には4点差以上の勝利が必須で、ダブルエンジンと評される2トップの活躍が絶対条件。同じ試合で右肩を脱臼した日本代表FW永井は出場する見込みで、指揮官は「全部ではないが、確認しながらという形で練習に参加できた。怖さや痛さもまだ残っていると思うので、週の真ん中で具合を見ながら」と話した。

 今週は急きょ、全ての練習を非公開にした。オフ明けから試合前日まで“カーテン”がひかれるのは今季初めて。奇跡を起こすため、必死の闘いが続く。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング