“車椅子のチアリーダー”佐野有美「無事に出産することが出来て本当に良かった」第1子女児誕生を報告

スポニチアネックス / 2020年5月23日 11時21分

歌手でタレントの佐野有美

 先天性四肢欠損症の歌手でタレントの佐野有美(あみ=30)が23日、自身のブログを更新し、第1子となる長女を出産したことを報告した。

 「大変遅くなりすみません。この度、2020年5月15日に第一子となる元気な女の子を出産しました」と投稿。

 「手術当日は足や首に点滴をして全身麻酔の帝王切開での出産となりました」と明かし、「手術後は激しい痛みに襲われ、痛み止めをもらいながら、寝返りをうつところから始めてみたり、足を上げられるようにしてみたりと日々何か出来るようになりたいと早めの回復に向けて頑張りました」と説明した。

 徐々に回復し「子育てについて教えてもらいながら、育児に向けて始めています」と、前向きな様子をつづった佐野。

 「何よりこの体でも無事に出産することが出来て本当に良かったです」と母になった喜びをつづり、「(夫が)『生んでくれてありがとうね』と言ってくれた時は胸がいっぱいになりました。子どもを授かる事が出来るか不安で悩んだ事もありましたが、夫をパパにしてあげる事が出来た事、(長女が)ふたりの間に生まれてきてくれた事に、感動と感謝で溢れます」とも。

 子育てについては「出来るだけ楽しむ気持ちを持って、赤ちゃんと夫と家族3人で、笑って歩んでいきたいと思います」と記した。

 佐野は09年の日本テレビ系「24時間テレビ」に「車椅子のチアリーダー」として出演。CDデビューした2011年には日本レコード大賞の企画賞を受賞している。17年6月に結婚した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング