阪神・ガンケル「いろんな球種でストライクが重要」日本流スタイルで快投誓う

スポニチアネックス / 2020年10月18日 14時1分

阪神・ガンケル

 阪神のジョー・ガンケル投手(28)が18日、先発予定のあす19日のヤクルト戦で意気込みを口にした。

 登板予定だった17日が雨天中止となって予定変更も「変わらず試合に向けて準備している。悪天候はどうにもできない事だし、それも野球の1つ」と冷静。来日1年目は先発→中継ぎ→先発とポジションを変えながらチームに貢献し、異国の地での投球スタイルも身に付けた。「日本の打者はタイミングの取り方、タイミングを合わせる技術が高く、球種関係なく合わせる事ができる。いろんな球種でストライクが取れることが重要。シーズンの最初はまっすぐやツーシームに偏っていたので、スライダー、スプリットも混ぜながら相手のタイミングを崩すことを学んで来ている」。日本流の投球術で先発での初白星を狙う。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング