河相我聞 “お父さん”綿引勝彦さん悼む「お父さん、ありがとう。お母さんと二人でゆっくりしてください」

スポニチアネックス / 2021年1月14日 7時32分

河相我聞

 俳優の河相我聞(45)が13日、自身のブログを更新。膵臓がんのため昨年12月30日に亡くなっていたことが同日明らかになった俳優の綿引勝彦さん(享年75)を追悼した。

 河相は「一昨年に『天まで届け』の家族で集まったのがお父さん(綿引さん)と会ったのが最後でした。昨年はコロナで会えず『落ち着いたらお母さん(岡江さん)のお別れ会で集まろうね』と兄妹達に話していました。お母さんに続いてお父さんも亡くなってしまうなんて、、、未だ実感がありません」と、昨年4月23日に新型コロナウイルス感染による肺炎で急死した女優の岡江久美子さん(享年63)に続く訃報にショックをつづった。

 「お父さんは撮影現場で会うといつも『おい、信平!ちゃんと仕事するんだぞ』」と、天まで届けの時と変わらずお父さんでした。お母さんもお父さんも離れていてもいつも気にかけてくれました。本当に感謝しかありません」と“両親”へ感謝。「心からご冥福をお祈りします。お父さん、ありがとう。お母さんと二人でゆっくりしてください」と追悼し、最後は役名である「信平。」で締めくくった。

 綿引さんは1991年から99年までTBS系で放送されていた大家族をテーマにした大人気ホームドラマ「天までとどけ」シリーズで、岡江さんと13人の子どもたちを育てる夫婦役として共演。河相は次男の信平を演じた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング