「天までとどけ」“正平”高尾晃市さん 綿引勝彦さんの訃報に「哀しいな。やっぱりショックだな」

スポニチアネックス / 2021年1月14日 7時34分

綿引勝彦さん

 元俳優で現在はマジシャンとして活躍する高尾晃市さん(47)が14日、自身のツイッターを更新。膵臓がんのため昨年12月30日に亡くなっていたことが13日に明らかになった俳優の綿引勝彦さん(享年75)への追悼と思われる投稿をした。

 綿引さんは1991年から99年までTBS系で放送されていた大家族をテーマにした大人気ホームドラマ「天までとどけ」シリーズで、昨年4月23日に新型コロナウイルス感染による肺炎で急死した女優の岡江久美子さん(享年63)と13人の子どもたちを育てる夫婦役として共演。高尾さんは佐藤晃市名義で、しっかり者の長男・正平を演じていた。

 高尾さんは、訃報から一夜明けたこの日、綿引さんの名前にこそ触れなかったが、「あーあ…まったく……哀しいな。やっぱりショックだな」と思いを投稿。関係者から連絡があったと思われ、「お悔やみのご連絡、お気遣いありがとうございます」と感謝をつづった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング