巨人 ドミニカ出身2選手と育成契約 ともに16歳、現地トライアウトで発掘

スポニチアネックス / 2021年2月23日 20時36分

 巨人は23日、ともに16歳でドミニカ共和国出身のフリアン・ティマ外野手とホセ・デラクルーズ内野手と、育成選手契約を結んだと発表した。背番号はティマが013、デラクルーズが007を予定している。

 両選手は19年11月と20年3月に同国で行ったトライアウトを受験。来日後は野球だけでなく、日本語や日本文化、教養などの教育プログラムを実施する予定だ。

 ティマは球団を通じて「ジャイアンツと契約ができて大変嬉しいです。神様に感謝します。自分の国と違うので、まずは日本語や文化に早く慣れなくてはと思っています。メンタルとフィジカルの面をしっかり準備して、来日できる日を楽しみにしています」とコメント。デラクルーズは「ジャイアンツでプレーできる機会を得たことを神様に感謝します。言葉や文化の違いに慣れ、1日でも早く日本でプレーしたいです」と願った。

 ◆フリアン・ティマ外野手 2004年9月25日生まれ、ドミニカ共和国出身の16歳。1メートル93、86キロ。右投げ右打ち。

 ◆ホセ・デラクルーズ内野手 2004年7月29日生まれ、ドミニカ共和国出身の16歳。1メートル82、76キロ。右投げ右打ち。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング