ヤクルト・西浦 猛打賞3打点の大活躍!「奥川さん」連発でファンの笑い誘う

スポニチアネックス / 2021年4月8日 22時46分

<ヤ・広3>殊勲打の西浦(右)とつば九郎に祝福される奥川(撮影・村上 大輔)

 ◇セ・リーグ ヤクルト11ー7広島(2021年4月8日 神宮)

 ヤクルトは15安打11得点で乱打戦を制して2連勝を飾った。

 猛打賞3打点の活躍を見せた西浦は初回の同点に追いつく左前適時打について「奥川さんが投げるということで何とか勝たせようという気持ちがみんなあったと思います。奥川さんを何とか打線で援護しようという気持ちでいきました。感触はあまり良くなかったんですけど抜けてくれと思っていました」と“奥川さん”というワードを連発させた。4-5で迎えた3回の再び同点に追いつく右前適時打について聞かれても「ここで打てば奥川さんに勝ちが付くんじゃないかなと思って必死に打ちました」と再び『奥川さん』というワードでファンの笑いを誘った。

 この勝利で勝率を5割に戻したチームの雰囲気について聞かれると「いろいろありますがみんな1試合1試合を必死になって勝利を目指して頑張っています」と答え、最後に「全力で勝ちを積み重ねていくので応援よろしくお願いします」とファンへメッセージを残した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング