EXO KAI、「SHINeeのテミンが先にデビューしたのは当たり前!」

THE FACT JAPAN / 2014年2月17日 10時18分

SHINeeのテミン(上)とEXOのKAIが一緒に練習していた時を思い出している。|SBSスペシャル「1万時間の法則」


[スポーツソウルドットコム|パク・ソヨン記者] EXOのKAIが、親友であるSHINeeのテミンと一緒に過ごした演習生時代を思い浮かべた。
16日に放送されたSBSスペシャル「決心、1万時間」でテミンは、「長い時間をKAIと一緒にたくさんの練習をした。練習生の間では競争のようなことがあって、(お互いに)負けないように練習し続けた」と率直に話した。隣にいたKAIは、「僕は、歌手という職業についてあまり知らなかった。事務所に入って来た当時、テミンの上手なダンスを見て、競争心ではなく、自分の実力を伸ばさなければと思った。実際にテミンにたくさんのことを学んだ」と本音を打ち明けた。
続いてKAIは、テミンがSHINeeのメンバーとして自身より先にデビューしたことについて、「多くの人から“同じ年なのにテミンが先にデビューして嫉妬心や競争心はないのか”と言われた。僕はまだ学ぶ段階なので、デビューができないのは当然だと思った」と当時の心境を明らかにした。また、「テミンがデビューした後、僕が一人で練習していた時に彼がきた。彼は“今の振付は何?教えて”と僕に聞いた。その時、本当に気持ちが良かった」とし「まだ学ぶ立場だったが、“僕のダンスを(彼と)共有することができる”、“僕の実力も少しは伸びたかな”という気持ちになって嬉しかった」と付け加えた。
同日の放送では、東方神起のユンホ、SHINeeのテミン、EXOのKAIの共通点を見せながら、彼らの“1万時間”の中に隠れた秘密を扱った。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング