2NE1の2ndアルバム「CRUSH」、チャート総なめ!

THE FACT JAPAN / 2014年2月27日 10時37分

ガールズグループ2NE1が27日午前0時、2ndフルアルバム「CRUSH」の音源を公開し、チャートを席巻した。|© YG Entertainment


[スポーツソウルドットコム|オ・セフン記者] ガールズグループ2NE1が4年ぶりに発表する2ndフルアルバム「CRUSH」の音源が遂に公開され、チャートを席巻している。
27日午前0時より公開された新譜の音源は、公開9時間が過ぎた同日9時現在、MelOn、Mnet、Monkey3、genie、Cyworld Music、Soribada、Bugsなど、韓国の主要音楽配信サイト10ヶ所ですべて1位を獲得した。また『CRUSH』『If I Were You』などの収録曲殆どがチャート10位圏内にラインクイン、驚異的な風景を演出している。
こうした2NE1の勢いに、既存チャートを占領していた少女時代とソユ&チョンギゴは、トップの座を譲ることになった。少女時代はMelOnで4位、Monkey3は8位、Mnetで9位、Olleh Musicでは8位に留まり、4つのチャートの10位圏内に名をあげた。
同日公開された2NE1の新譜「CRUSH」のダブルリード曲である『COME BACK HOME』と『Gotta Be You』は、実験性と大衆性を揃えた曲だった。音源公開に先立ってYGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク代表は、「『CRUSH』は、彼女たちにとって歴代級とも言えるアルバムだと自負しており、完成度が高いので満足している」と評価した。
リード曲『COME BACK HOME』は、R&Bとレゲエ、ヒップホップをミックスしたオーバーダンスナンバーで、YGエンターテインメントのメインプロデューサーであるTEDDYが主軸になって、マスター・ウ、PK、DEE.Pなどの実力派プロデューサーたちが力を合わせた曲。もう一つのリード曲『Gotta Be You』は、シンセサウンドにオールドスクールのメロディーを加えて作った中毒性の強いダンス曲となっている。
一方2NE1は来る3月1日~2日の二日間、ソウル・オリンピック公園内にあるSKハンドボール競技場で、2度目に挑むワールドツアー「AON(ALL OR NOTHING)」のソウル公演を開催し、2ndアルバムの新曲ステージを初めて披露する予定だ。アルバムは3月7日にオフライン発売される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング