「星から来たあなた」終演… ファンタジーロマンチックの新たな領域を広めた!

THE FACT JAPAN / 2014年2月28日 12時6分

SBS水木ドラマ「星から来たあなた」は、宇宙人のト・ミンジュン(キム・スヒョン)が、地球に戻れる方法をみつけることになり、チョン・ソンイ(チョン・ジヒョン)との再会が実現されるハッピーエンドで幕を閉じた。|放送画面キャプチャー


[スポーツソウルジャパン|安宰範] 宇宙人のラブストーリーが、これほど胸を打つものだったろうか。故郷の星に帰らなければ命を失われ、スターダストのように消えてしまうト・ミンジュン(キム・スヒョン)。そして、そんな彼を離すしかない悲恋の女チョン・ソンイ(チョン・ジヒョン)。二人が描く物語の結末を、視聴者は息をのみながら見極めた。
27日夜、最終回を迎えたSBS水木ドラマ「星から来たあなた」(脚本:パク・ジウン、演出:チャン・テユ、2月27日基準の視聴率:28.1%・ニールセンコリア調査)は、400年ぶりに地球で見られる流星群が近づき、ト・ミンジュンもようやく故郷の星に帰れる飛行船を迎えることになった。しかし彼には、400百年間を地球で過ごしながら、たったひとり最愛の人となったチョン・ソンイがいる。彼女のそばを守りながら一生地球で暮らしたいという素朴な夢は、自分の命をかけなければならないものだが、チョン・ソンイは彼を離すことに心を決めていた。
地球で過ごす最後の一週間を、平凡なカップルのように過ごした二人。そして別れを直感する最後の夜にも二人は普段と変わらず、マンションのテラスでコーヒーを飲んでいる。そして夜空からは流星群が降ってくると、ミンジュンは帰る時間が来たことに気づいた。チョン・ソンイに最後のことばを残したミンジュン。「必ず帰ってくるから」と一言を残しては、彼はその場で姿を消した。目の前の現実に実感が沸かないソンイは、とうとう涙ポロポロの瞬間を迎え、ミンジュンが帰ってからは、魂のない肉体だけが存在した。彼女は一睡もせずご飯も食べず、枯れる花のように痩せていった。
チョン・ソンイの命を何度も狙い、数え切れないほど悪行を行ってきたイ・ジェギョン(シン・ソンロク)は、裁判で法の審判を受けることになり、拘束捜査による検察との戦いが始まった。しかし、怪物のような息子の存在に気づいた父のボムジュン(イ・ジョンギル)は、「お前を諦める。一生牢獄で自分の罪を反省してくれ」と、熱い涙を流した。
ミンジュンとの思い出を浮かべるばかりで、元気を取り戻せないソンイは、ミンジュンを地球人ように暮らせることを支えてきたチャン弁護士に会った。二人はミンジュンとの思い出を語りつつ、彼の生命力と例えた庭の草花が甦たことをみて、ミンジュンが無事故郷の星に帰られたと信じた。
ようやく安心したソンイは元気を取り戻して女優に戻り、普通に暮らせる生活が続いた。3年の時間が経ち、野外のロケ地でドラマの撮影を準備している彼女のそばには、高校時代から彼女のことを片思いしてきたフィギョン(パク・ヘジン)がいた。トップスターなだけに彼女の撮影現場には、常にファンが殺到。その瞬間、人の群の中からミンジュンの姿が見えた。しかしそれは幻影だったのか、一瞬姿を現したミンジュンは、すぐさま姿を消した。ソンイは「ミンジュン!ト・ミンジュン!戻ってきたの?どこにいるの?」と涙を流しながら、群衆の中からミンジュンを探し続けたが、自分の錯覚だったことが分かる。
再び冬が来て、年末授賞式が行われる頃、チョン・ソンイも授賞式に出席することになった。式場に到着したソンイは、レッドカーペットを歩きながら、自分を熱く迎えてくれるファンに手を振り、フォトジョンで足を止めた。その瞬間、時間が止まった。ミンジュンが戻ってきたのだ。ミンジュンは時間を止めては、群衆の中からゆっくりと姿を現して、ソンイがいる場所へ向かった。そして涙を流すソンイにコートを脱いであげて、震えている彼女を抱きしめながら、「必ず帰ってくると約束したから」と、感激するソンイの唇にキスした。
ミンジュンが地球に戻られたわけは、ワームホール (Wormhole:時空構造の位相幾何学として考えうる構造の一つで、時空のある一点から別の離れた一点へと直結する空間領域。トンネルのような抜け道である)にあった。彼は故郷の星に帰ったあと、チョン・ソンイに逢えるために、ワームホールを使う方法をみつけた。しかし、まだ試行錯誤の段階なため、ミンジュンが地球に居られる時間はわずかなものだった。チョン・ソンイと再会ができたその瞬間も、ミンジュンはすぐ消えてしまった。夢のような瞬間を体験したソンイは、その後再び戻ってきたミンジュンに事情を聴いた。そして二人は、まだ完全ではないが、ワームホールを使う方法で離れては再会を続ける道を選んだ。

ミンジュンが彼女のそばに居られる時間は、いつの間にか1年を超えていた。
ソンイはエピログで、「予告もなく突然消えてしまうこと...大変じゃないかって...もちろんそうですけど、だからもっと愛することできます。今私の目の前にいるあの人の姿が、最後になるかもしれないと思うと...その瞬間が、本当に大切に感じられるからです」というメッセージを伝える彼女のそばには、「ただいま」と優しいまなざしで見守るミンジュンがいた。
昨年12月から始まったドラマ「星から来たあなた」は、韓国では“ピョルクデ(별그대:星あなた)熱風”を巻き起こし、もはや社会現象ともいえる大きなブームとなった。これまでSFを素材にしたファンタジードラマは、いくつかの作品があるが、“宇宙人と女優”という斬新な設定、キム・スヒョンとチョン・ジヒョンという韓国トップスター二人が演じるラブストーリーに、ドラマファンは熱狂的な反応を送り、毎週水木は“ピョルクデの日”と呼ばれるほど、熱い人気を集めてきた。キム・スヒョンが言うセリフは毎回話題を呼んで、ドラマをみてから眠れない女性視聴者も多くみられた。エピソードが終わるたび、コメントを寄せるネットユーザーが殺到するため、ドラマのホームページのサーバーがダウンされることもしばしば。また、チョン・ジヒョンが劇中で披露したさまざまな衣装のコーディネートは早くも韓国女性たちの間で流行し、名実ともに“韓国のトップ女優”に相応しい面貌をみせた。これらをみて、韓国のドラマ業界では、「これほど、社会的な人気を博したドラマは久々」「キム・スヒョン、チョン・ジヒョンだから作られた作品」「ファンタジーロマンチックの新しい領域を広めた」と評価されている。
2014年上半期の最高傑作となった「星から来たあなた」は、終演後も、その後遺症が続くだろう。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング