G-DRAGONとCLの新曲、米iTunesチャートで2位!!

THE FACT JAPAN / 2014年3月19日 13時58分

グループBIGBANGのG-DRAGONとガールズグループ2NE1のCLが参加したアルバム米iTunesチャートで2位を記録した。|スポーツソウルドットコムDB


[スポーツソウルドットコム|オ・セフン記者] BIGBANGのG-DRAGONと2NE1のCLがフィーチャリングに参加したアルバムが、米国iTunesのアルバムチャートで2位を記録した。
19日に発表されたiTunesチャートによると、世界的なダブステップDJであるスクリラックス(SKRILLEX)のニューアルバム「RECESS」が米国のiTunesで2位、カナダ、ニュージーランドなどの10カ国で1位に上がった。同アルバムにはG-DRAGONとCLがYGエンターテインメンのメインプロデューサーのTEDDY、CHOICE37と一緒に参加した曲が収録されている。
G-DRAGONとCLが参加した曲は、スクリラックスの新アルバム「RECESS」のリード曲『Dirty Vibe』で、中毒的なビートや多彩なサウンド、G-DRAGONとCLのラップなどが印象的な曲。 スクリラックスは昨年、韓国のある音楽祭に参加し、韓国の音楽ファンたちにも強烈な印象を残して人気を集めているDJ。サブ音楽ジャンルであったダブステップのブームを巻き起こし、2年連続でグラミー賞の3つの部分で受賞した。
これまでYGは、世界的な海外アーティストとのコラボレーションを着実に続けてきた。G-DRAGONの2ndソロアルバム「COUP D'ETAT」は、ディプロ(Diplo)、バウアー(Baauer)、ミッシー・エリオット(Missy Elliott)など海外の有名歌手らが参加した。また2NE1はアメリカのラッパーであるウィル・アイエムのアルバム「#willpower」にフィーチャリングで参加した。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング