パク・ヒョシン、新曲のタイトルは「野花」!予告映像で春の感性を刺激

THE FACT JAPAN / 2014年3月25日 10時51分

パク・ヒョシンが新曲『野花』の予告映像を公開した。|「野花」予告映像キャプチャー


[スポーツソウルドットコム|パク・ソヨン記者] 実力派バラーダーのパク・ヒョシン(32)が、新曲の予告映像を公開しながら、カムバックの秒読みに入った。
所属事務所のJellyfishエンターテインメントは24日、公式YouTubeチャンネルを通じて「パク・ヒョシン-野花(Wild Flower)Teaser Video」を公開。映像でパク・ヒョシンは、録音スタジオで新譜の作業に専念しており、ピアノを弾きながら新曲の一部を披露する姿で音楽ファンの期待を寄せた。
新曲のタイトルは『野花』。3月28日にリリースされる同曲は、パク・ヒョシンが除隊後、4年ぶりに発表する新曲だ。所属事務所側は、「久々にファンのところへ戻ってきたパク・ヒョシンの新曲『野花』の作業記を収めた映像です。たくさんの関心と共有をお願いします」と説明した。
パク・ヒョシンは独歩的なボイスカラーと数々のヒット曲で、その音楽性と大衆性を認められている。イム・チャンジョン、チョ・ソンモ、イ・ソニ、イ・スンファン、イ・ウンミに続き、カムバックを発表する彼に、ファンの期待が熱く寄せられている。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング