[独占] 少女時代ティファニー♥2PMニックン熱愛発覚!SMxJYP代表アイドルカップルの誕生!

THE FACT JAPAN / 2014年4月4日 11時30分

少女時代のティファニーと2PMのニックンの熱愛現場を<スポーツソウルドットコム>が独占で捉えた。写真は、ソウル・江南区新沙洞で夜のデートを楽しんだ二人の様子。|写真:ムン・ビョンヒ記者


[スポーツソウルドットコム|ムン・ビョンヒ、パク・ソヨン記者] 古い友だちから恋人関係に発展した現役最高のアイドルカップルが誕生した。
ガールズグループ少女時代のティファニー(24)と2PMのニックン(25)が恋に落ちた。アメリカ国籍を持つ二人は韓国で芸能活動をしながら、お互いに頼れる友人として過ごしてきたところ、昨年末から恋人関係に発展して4ヶ月が経っている状況。これまで韓国や海外のインターネット上では、二人の関係をめぐるさまざまな推測が出回っていたが、<スポーツソウルドットコム>の取材陣が現場取材を通じて確認した結果、昨年末から本格的に交際を始めたことが分かった。この二人の出会いは、韓国の代表的芸能プロダクションである“SMとJYPの所属アーティスト第1号アイドルカップル”ということで、話題沸騰に違いない。
二人の関係をよく知っている側近は3日、「ティファニーとニックンの二人は、代表的な韓流スターなので、慎重に付き合いを続けている。だいぶ前から交際しているという噂が出回るほど、普段から親交があったのは間違いない。恐らく二人ともアメリカで長く生活した共通点を持っているので、きっと通じる部分が多くあって仲良くしてきた。恋人関係に発展してから、もう4ヶ月目になっている」と明らかにした。
2007年にデビューした少女時代のティファニーと、2008年の2PMで芸能活動を始めたニックンは、音楽番組やさまざまな歌謡イベントで頻繁に会うことになり、親交を築いてきた。当時は、アメリカ的な思考と慣れない韓国生活だっただけに、二人ともここで芸能活動する共通点で、チームメンバーよりもお互いの気持ちや悩みなどを理解できたはずだ。そうして長らく友情を交わしてきた二人は昨年末、お互いに対して本当の気持ちを確かめることになり、恋人関係に発展した。

先月11日、ソウル市江南区(カンナム・グ)新沙洞(シンサ・ドン)にあるアジアンフュージョンレストランで目撃した二人のデートは、スパイ映画を彷彿させるほど慎重なものだった。一般人カップルなら普通にできるディナーデートも、二人はまるで007作戦のように機敏に動いた。別々で行動する二人は、ファンたちの視線を意識したもようで、一緒に付き添う行動は極度に控えた。しかし離れてはいても、お互いのことのために慎重に行動してあげる配慮と愛情だけは、隠すことができなかった。
韓国最高のアイドルグループのメンバーであるだけに、ティファニーとニックンは周囲の視線を避けてデートを楽しんだ。この日のデート場所も、外部の視線を避けるために選択したところである。ニックンはティファニーを配慮して、いつも先に行動し、レストランを出てくる時は、あえて前を歩いて周囲の視線を分散させた。するとティファニーは、静かに彼の後を追いかけた。二人は他のアイドルカップルのように顔を隠したりしないで、終始お互いを配慮して慎重な態度を見せた。
しかし、ティファニー&ニックンカップルのトレードマークである微笑みは、隠すことができなかった。二人の目は、お互いのことを見つめ合う時にもっとも輝いた。善良な印象の二人が一緒に笑って会話する時には、周りまで明るくなるようだった。そんなティファニーとニックンの明るいエネルギーは、かわいらしい雰囲気をかもしだしながら二人だけの空間を演出させた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング