パク・シネ、沈没事故の犠牲者らのために5千万ウォン寄付

THE FACT JAPAN / 2014年4月23日 20時55分

女優のパク・シネが、セウォル号の沈没事故の犠牲者たちのために、5千万ウォンを寄付したことが、分かった。|スポーツソウルドットコムDB


[スポーツソウルドットコム|eニュースチーム] 女優のパク・シネ(24)が、旅客船沈没事故の犠牲者らのために、5千万ウォン(約492万円)を寄付した。
全国災害救護協会の希望ブリッジは23日、「パク・シネさんがセウォル号の沈没事故の犠牲者たちのために使ってほしいと、5千万ウォンを寄付した」と伝えた。協会の関係者は、「本人はこのことを知らせたくなかったため、所属事務所に報告しないで寄付金を伝えてきた」と述べつつ「寄付金は犠牲者および行方不明者の方々のために全額使う予定」と付け加えた。パク・シネの寄付事実が知られると、所属事務所のS.A.L.T.エンターテインメントは、「私たちも知らなかった。悲痛な事故であるだけに静かに助けたようだ」と明かした。
これに先立つ18日、パク・シネは自身のTwitterを通じて「どうか、どうか無事でありますように…これ以上被害がありませんように…多くの方がご家族のところへ帰られますように…お祈りして、またお祈りします」という書き込みを掲載した。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング