“カムバック” GOT7、「WINNERがライバル?win-winしなければならない存在」

THE FACT JAPAN / 2014年6月19日 9時54分

GOT7が二番目のミニアルバムの発表を記念記念して開いたショーケースで、WINNERとのライバル構図について言及した。|イ・セロム記者




[スポーツソウルドットコム|イ・ゴンヒ記者] 人気ボーイズグループGOT7が、WINNERとのライバル構図について口を開いた。
GOT7は18日、ソウルのアックスコリアで開かれた二番目のミニアルバム発表記念ショーケースで、「WINNERをライバルだと思いません。ライバル構図ではなく、“もっと頑張らないと”と感じさせるチームです。お互いにウィン- ウィンしなければならない存在だと思います」と述べた。
GOT7とWINNERは、それぞれJYPエンターテイメントとYGエンターテイメントが輩出したボーイズグループで、ライバルと呼ばれてきた。去る1月『Girls Girls Girls』でGOT7が先にデビューし、WINNERも本格的なデビューを控えている。
一方、GOT7は同日、ショーケースを皮切りにカムバックを知らせた。GOT7の二番目のミニアルバムには、タイトル曲『A』を含めて『U got me』、『Good Tonight』、『Forever young』など全8曲が収録された。ショーケースで『A』をはじめ、『Good Tonight』、『Forever young』のステージを初めて公開したGOT7の新しいアルバムは、来る23日公開される予定だ。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング