映画「神の一手」のチョン・ウソン、「アクションに身を惜しまず」

THE FACT JAPAN / 2014年6月24日 17時40分

映画「神の一手」でテソク役を演じたチョン・ウソン。|ナム・ユンホ記者




[スポーツソウルドットコム|キム・ガヨン記者] 俳優チョン・ウソンが映画「神の一手」で強烈なアクション演技を消化した感想を明らかにした。
チョン・ウソンは23日午後、ソウル・東大門(トンデムン)にあるメガボックスで開かれた映画「神の一手」(監督:チョ・ボムグ)のマスコミ試写会に出席し、「すべてのアクション演技がそうですが、アクションは身を惜しまずにするのが大事です。今回のアクションシーンでも身を惜しまずに挑んで、極限の状況まで追い込まれましたが、うまくできて映画の中によく溶け込んだようです」と話した。
「神の一手」は、犯罪に変わってしまった賭け碁の世界で活躍する囲碁棋士たちの戦いを描いたアクション映画。チョン・ウソンは、サルス(イ・ボムス)が仕掛けた詐欺の賭け碁で兄を失い、その復讐のために賭け碁の世界に足を踏み入れるテソク役を演じた。
彼は「テソクのキャラクターをどのように表現するかに、たくさん悩みました。映画がフィクションなので、キャラクターの感情を淡白に演じようとして頑張りました」と付け加えた。
映画「神の一手」は、チョン・ウソンの他、イ・ボムス、アン・ソンギ、キム・イングォン、アン・ギルガン、イ・シヨン、チェ・ジニョクなどが出演。来月3日に韓国で全国公開される。


ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング