K.will、新曲『今日から1日』でカムバック!“音源強者”が帰ってきた!

THE FACT JAPAN / 2014年6月26日 15時8分

曲を発表するたびにヒットし、“音源の強者”とも呼ばれているK.willが、新曲『今日から1日』でチャート占領へ乗り出した。|提供:STARSHIP Entertainment


[スポーツソウルドットコム|オ・セフン記者] 実力派男性ソロ歌手のK.will(33)が、5thミニアルバム「ONE FINE DAY」を発表した。
所属事務所のSTARSHIPエンターテインメントは26日の正午、公式YouTubeチャンネルをはじめ、韓国の各音楽配信サイトからK.willの新譜のリード曲『今日から1日』のミュージックビデオと音源を公開した。
5thミニアルバム「ONE FINE DAY」は、プロデューサーのThe Name、今年の上半期に大ブレイクを果たしたヒット曲『Some』を手がけたXEPY、ミン・ヨンジェなど。K-POPトレンドの中心で活躍している実力派作曲家が参加し、完成度の高いバラードからダンスナンバーまで全6曲が収録されている。
リード曲(タイトル曲)『今日から1日』は、簡潔なイントローとミニマルなドラムサウンドに、リズミカルなピアノ、ギター、ベースなどが調和されたグルーブなテイストの楽曲。好きな女性の心を掴みたい平凡な男による愛の告白が歌詞で表現されている。


同日公開された『今日から1日』のミュージックビデオは、SBSバラエティ番組「ルームメイト」で人気を集めている俳優のパク・ミヌと、最近最高の人気を博しているSISTARのソユが男女主人公に扮して、かわいらしいラブストーリーを描いている。また同ミュージックビデオは、3Dアニメ「アナと雪の女王」の韓国版OSTと、ヒップホップ歌手Mad Clownの「Without You」などを手がけて注目を浴びた新人監督のビショプが制作を務めた。
一方、K.willは、本日(26日)のアルバム発表を皮切りに、韓国のさまざまな音楽番組でカムバックステージを披露する予定だ。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング