YG、2NE1のBOM麻薬密輸について釈明「薬として処方されたもの」

THE FACT JAPAN / 2014年7月1日 10時47分

2NE1のメンバー・BOMが麻薬の一種であるアンフェタミンを密輸入した事実が明らかになった中、YGエンターテイメントのヤン・ヒョンソク代表が直接釈明に出た。|イ・セロム記者


ガールズグループ2NE1のBOM(31)が麻薬密輸の疑いで摘発されたことが明らかになった中、所属事務所YGエンターテイメントのヤン・ヒョンソク代表が直接解明に乗り出した。
1日午前、ヤン代表は公式ブログを通じて「とんでもない話だ」とし、治療目的の薬だと主張した。彼は「BOMは、子供の頃、親友が事故で亡くなったことを直接目撃した。その後、幼い彼女には手に負えない衝撃と悲しみに陥って、大変な時期を過ごした。何年も精神科のカウンセリングや心理療法を並行したし、アメリカの有名な大学病院から正式に処方した薬を服用してきた」と説明した。
続いて「BOMは4年前までアメリカの大学病院で(薬を)処方されたが、忙しいスケジュールでアメリカに行くことができなくなると、BOMの母親と祖母が同じ病院で処方された薬を郵便を通じて伝達した。この過程で、国内で禁止されている薬品が、税関で問題になったのだ」と付け加えた。
先月30日の韓国媒体<世界日報>によると、BOMは去る2010年10月12日、国際宅配便を通じて向精神薬であるアンフェタミン82錠を米国から密輸入しようとした。仁川国際空港の税関に摘発されたが、検察からは立件猶予の処分を受けたという。
アンフェタミンは強力な中枢神経興奮剤(覚せい剤)で、乱用した場合に体に及ぼす害が大きいため、韓国国内では流通が禁止されている。
[THE FACTㅣキム・ハンナ記者]

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング