「トライアングル」24話作を全26話に延ばす!

THE FACT JAPAN / 2014年7月8日 11時7分

© MBC


MBC月火ドラマ「トライアングル」(脚本:チェ・ワンギュ、演出:ユ・チョリョン、チェ・ジョンギュ)が当初全24話作として予定していた放送分を、26話まで延ばすことになった。
MBC関係者は7日午後、<THE FACT>との電話取材で、「『トライアングル』の残っている分量に比べて、3人の兄弟が母親と再開する場面など解いていく物語が多くあるため、2話分を追加することになった」と明らかにした。これにより24話作だった「トライアングル」は、来る29日に最終回が放送され、全26話の終演となる。「トライアングル」の延長放送より、後番組である新ドラマ「夜警日誌」の初放送は8月4日(月)になる予定だ。
一方、ドラマ「トライアングル」は、幼い頃に離れ離れとなったチャン・ドンス(イ・ボムス)、ホ・ヨンダル(ジェジュン)、ユン・ヤンハ(シワン)という三兄弟が、その20年後に再開することになって、お互いの存在と隠された真実に気づいていく過程を描いていく作品。

THE FACT|イ・ゴンヒ記者

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング