映画「海霧」軍団、港町の釜山で舞台挨拶!

THE FACT JAPAN / 2014年7月16日 16時21分

映画「海霧」の主演俳優たちが、港町の釜山(プサン)で舞台挨拶を行った。|提供:NEW


映画「海霧」の主演俳優たちが釜山にやってきた!
配給会社のNEWは15日、公式Twitterを通じて「ゲリラで敢行した『海霧』の舞台挨拶。キム・ユンソク、パク・ユチョン、イ・ヒジュン、ムン・ソングン、キム・サンホ、そしてハン・イェリまで!今ここは100%リアル、『海霧』の役者たちが総出動した現場です!雨が降っても広安里まで続きます!」という書き込みと数枚の写真を掲載した。(*広安里クァンアンリ:広安里海水浴場がある釜山の人気スポット)写真には、釜山・海雲台(ヘウンデ)海水浴場に集まった市民らに、「海霧」の主役たちが映画に関する情報を語るなど、笑顔を忘れず映画ファンたちにそれぞれの思いを伝えている。
映画「海霧」は、満船の夢をみて出航した6人の船人たちが、海霧の中で密航者らを運ぶことになり、引き返せない事件に巻き込まれる物語を描いた作品。映画「殺人の追憶」「グエムル-漢江の怪物-」「母なる証明」「スノーピアサー」など、韓国を代表する鬼才ポン・ジュノ監督が初めて企画と制作を務め、「殺人の追憶」の脚本を務めたシム・ソンボ監督がメガフォンととり、「海霧」を通じて11年ぶりに制作者と監督として再会した作品でもある。韓国で8月13日に全国公開。
THE FACT|キム・ガヨン記者


ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング