「朝鮮ガンマン」のイ・ジュンギ、「猛暑の中でアクション演技、快感を感じる!」

THE FACT JAPAN / 2014年7月23日 14時49分

俳優イ・ジュンギが、猛暑の中でのアクション演技について感想を明らかにした。|提供 KBS




俳優イ・ジュンギが、夏の時期に多くの作品に出演してきた感想を明らかにした。
イ・ジュンギは22日、韓国中部の扶余郡(プヨ・グン)に位置する撮影場で開かれたKBS2TVの水木ドラマ「朝鮮ガンマン」記者懇談会で、「特に夏に撮影した作品が多かったです」と口を開いた。
彼は「猛暑の中での時代劇なので、たくさんの方が心配してくださったが、むしろ汗まみれになっていくアクション演技に快感を感じています」とし、「疲れて大変だなと思われるかも知れませんが、韓服と調和した夏の色味で、多彩な映像美を演出することができます」と説明した。
続いて「夏には、たくさん汗を流すから、体力の消耗が多いですが、顔の肉がすっぽり落ちっていくので、きれいに写るメリットもあります(笑)」とし「アクションの演技で息が苦しい時が多いですが、テレビに映る姿を考えて一生懸命アクション演技に取り組んでいます。男は汗を流す時が一番セクシーではないでしょうか」と笑いを誘った。
イ・ジュンギ、ナム・サンミ、チョン・ヘビン、ハン・ジュワン、ユ・オソンなどが出演する「朝鮮ガンマン」は、19世紀の朝鮮王国を背景に朝鮮最高の剣士の息子が剣の代わりに銃を持って家族の復讐に乗り出す過程を描いた作品。素晴らしい映像美とブロックバスター級のスケールなどで好評を受けている。
THE FACT|キム・ハンナ記者

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング