俳優パク・ヘジン、自身に悪質コメントつけたネットユーザーらとボランティアへ

THE FACT JAPAN / 2014年8月6日 18時19分

俳優のパク・ヘジンが悪質ネットユーザーらとボランティア活動を計画していることが分かった。|キム・スルギ記者


人気俳優のパク・ヘジン(31)が、自身に対して悪質コメントをつけてきたネットユーザーらと、ボランティア活動を計画していることが分かった。
パク・ヘジン側の関係者は6日、<THE FACT>との電話取材で、「悪質コメントがあまりにも深刻だったので、訴訟を起こした。該当ネットユーザーらはまだ幼い子たちで、告訴されると、その一部が深く反省しながら謝罪の意を伝えてきた。その様子をみてヘジンは、彼らの処分の代わり、一緒にボランティアに行くことを提案した」と説明した。
パク・ヘジンは今年の3月、高校同期になりすまして悪質的なデマなどを広めたネットユーザーと、常習的に悪質コメントをつけてきた約30人を告訴した。当時彼らは、誹謗や悪口、虚偽事実などでヘジンを含めその家族まで苦しませてきた。
一方、このようなパク・ヘジンの対応に、ネット民たちは「懐が深い芸能人」「発想がすごいね」「なかなかできないこと」「それでも反省しない人ってどういう神経してるの?」「悪口言ってパク・ヘジンに会えるってことか..アイロニーだね」「優しい人」など、さまざまな反応を寄せている。
THE FACT|パク・ソヨン記者

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング