「夜警日誌」ユンホが遂に初登場!瓦を撃破するシーンに女心うっとり

THE FACT JAPAN / 2014年8月12日 11時20分

MBC月火ドラマ「夜警日誌」に成人役者たちが本格的に登場した中、ムソク役のユンホが強烈な登場シーンをみせた。|放送画面キャプチャー


東方神起のユンホが、MBC月火ドラマ「夜警日誌」で強烈な初登場シーン(http://youtu.be/gQ-4GCsepcw)で視線を集めた。
11日の夜放送された「夜警日誌」では、ムソク(ユンホ)が危険に迫られたイ・リン(チョン・イル)とパク・スリョン(ソ・イェジ)の前に現れ、二人を助ける場面が描かれた。
イ・リンは朝鮮最高の妓房で一夜を過ごそうとした。それを目撃したスリョンは「どうしてそんなことを…」と責める。その時、イ・リンは妓房の屋根から妙な気配を感じた。人間の姿に装った鬼が二人に向かって瓦を無差別的に投げ始めたのだ。イ・リンはスリョンを襲う瓦を背中で受け止めたが、鬼の継続する攻撃に無防備な状態になった。その瞬間イ・リンを護衛中だったムソクが現れ、鬼が投げてくる瓦を優れた武術ですべて撃破した。彼は片思いの相手であるスリョンに「大丈夫か」と尋ね、無愛想だがその中に潜められた優しい面貌をみせた。
一方、「夜警日誌」は、チョン・イル、ソ・イェジ、コ・ソンヒ、ユンホの主役4人が本格的に登場。物語の第2幕を知らせた。
THE FACT|イ・ダウォン記者

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング